C-JeSエンタ、アーティストへの悪質な誹謗やデマに法的対応「善処も和解もしない」


C-JeSエンターテイメントが所属アーティストの権益保護に積極的に乗り出した。

C-JeSエンターテイメント側は5日、公式資料を配布して「ファンの方々の情報提供メールを介して所属アーティストに対する悪意ある誹謗と根拠のない虚偽事実の流布などの違法事例を収集して、告訴を行った」と発表した。

続いて「オンライン上で所属アーティストに対する健全な意見提示ではない、無条件的な非難と人格冒涜、人身攻撃、虚偽の事実を無分別に流布する行為は刑法上明白な犯罪行為」とし、「当社は常時的に捜査機関への申告と告訴を行ってきており、いかなる善処も和解もないという強力な立場を取っている」と伝えた。

また「匿名が可能なツイッターやDCギャラリーで継続的に虚偽の事実とデマ、悪意のある文を書き込む事例が頻繁に起きており、今年から特定IPのモニタリングを介してデータを集めて、積極的な法的対応を行っている」とし「自社で収集した資料とファンの方々がメールで情報提供してくださったPDFファイルを含めて法的対応を進めている」と付け加えた。

C-JeSエンターテイメントは現在、チェ・ミンシク、ソル・ギョング、パク・ジュミ、パク・ソンウン、ソン・イルグク、ムン・ソリ、ファン・ジョンウム、ラ・ミラン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュンス、パク・ユチョン、キム・ジェジュン、GUMMY、ノウルなどが所属している。

以下は公式立場全文

こんにちは。C-JeSエンターテイメントです。

当社は各種ポータルサイトとオンラインコミュニティ、SNSのモニタリングを常時行っています。特にファンの方々の情報提供メールを介して所属アーティストに対する悪意のある誹謗と根拠のない虚偽事実の流布などの違法事例を収集し、告訴を進めてきました。当社はすでに何度も公知を通じて、当社または所属アーティストの名誉を毀損して人格を侮辱する場合、即刻の法的対応を行って善処しないことを通知してまいりました。

オンライン上で所属アーティストへの健全な意見提示ではない、無条件的な非難と人格冒涜、人身攻撃、虚偽の事実を無分別に流布する行為は刑法上、明白な犯罪行為であり、これによりアーティストの精神的な被害と名誉毀損はもちろん、ファンの方も大きな傷を受けています。ここに当社は常時的に捜査機関に対する申告と告訴を行ってきており、これに対していかなる善処も和解も行わないという強力な立場をとっています。

特にオンライン上で人を誹謗する目的で公然とデマを拡散したり、または偽りの事実を書き込む行為は情報通信網法第70条「サイバー名誉毀損罪」にあたり、一般刑法上の名誉毀損罪より加重処罰されます。匿名性が保証されるオンラインコミュニティとSNSプラットフォームでも悪質なコメントや投稿を継続的に書き込む場合に、捜査機関からのインターネットプロトコル(IP)の追跡を介して作成者の個人情報の確認が可能です。インターネットという空間は当然に公然性が認められ、虚偽の事実である場合には誹謗する目的が認められ、簡単に有罪と認められます。

匿名が可能なツイッターやDCギャラリーで継続的に虚偽の事実とデマ、悪意のある文を書き込む事例が頻繁に起きており、当社は今年から特定のIPのモニタリングを介してデータを集めて、積極的な法的対応を行っております。

また、今後、悪質な書き込みを行う人を対象に進めた告訴件の処分事例が出ましたら、その実名と内容を公開して悪質なネットユーザー根絶のためにすべての力を集める次第です。社内で収集した資料とファンの方々がメールで情報提供してくださったPDFファイルを含めて法的対応を進めているので、ファンの皆さんのご協力をお願いいたします。ありがとうございます。

所属アーティストのサイバー犯罪に該当する内容を発見した場合は以下のメールアドレスに情報提供してください。(キャプチャをお送りいただく時は原文のアドレス(URL)が含まれているPDFファイルでお願いいたします)
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2018-12-05 11:22:53.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved