2PMジュノ、タワレコ「2018ベストセラーズ」でソロ歌手としての人気の高さを立証


2PMジュノが日本タワーレコード年間チャート「2018ベストセラーズ」の「K-POP歌手日本発売アルバムトップ10」で6位と10位にランクインした。

ソロ歌手としては唯一このチャートでトップ10にランクインし、現地での高い人気を再び証明した。

ジュノが今年7月に日本で発売した7枚目のミニアルバム『想像』はこのチャートで6位、今年1月に公開した6枚目のミニアルバム『Winter Sleep』が10位にランクインした。

『想像』は公開後、オリコンデイリーチャートと日本でソロ歌手としてデビュー後、6年目で初のオリコンウィークリーアルバムチャートで1位を占め、『Winter Sleep』もオリコンデイリーアルバムチャートで1位を占めた。

ジュノは5日、日本でベストアルバム『JUNHO THE BEST』をリリースし、6日から8日までの3日間、日本公演の聖地「武道館」で「JUNHO(From 2PM)Last Concert "JUNHO THE BEST"」というタイトルの単独コンサートを控えている。

今回のコンサートは今年6月に大阪、東京、福岡、札幌など5都市12回公演で大盛況の中で幕を閉じたジュノのソロツアー「JUNHO(From 2PM)Solo Tour 2018 "FLASHLIGHT"」に続くものでジュノがアーティストとして悩み、成長してきた集大成を見せるツアーとして注目を集めている。

ジュノは2013年から日本でソロ歌手として活動して以来、今年まで毎年、夏のソロアルバム発売とツアーを開催しながらファンと疎通している。
  • 毎経済ドットコム MKスポーツ シン・ヨンギョン記者 / 写真=JYPエンターテイメント
  • 入力 2018-12-05 12:07:02.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved