防弾少年団「ブルームバーグ50」に選ばれる「米国で前例のない成功」


グループ防弾少年団が韓国歌手として初めて米国ブルームバーグ通信が選んだ「ブルームバーグ50(The Bloomberg 50)」に選ばれた。

ブルームバーグは6日(現地時間)、公式ウェブサイトを介して「ブルームバーグ50」の記事を公開して防弾少年団、アメリカ連邦準備委員会議長のジェローム・パウエルなどの主要人物、グローバル企業ロイヤル・ダッチ・シェルCEOのベン・ファン・ブールデン、2018ノーベル物理学賞受賞のドナ・ストリックランド、テイラー・スウィフトなど50人のリストを発表した。

防弾少年団は韓国歌手としては初めて選ばれており、今年発表したリストのなかで唯一の韓国人だ。

ブルームバーグは「2018年の1年間、ビジネス、エンターテイメント、金融、政治、技術、科学の分野で顕著な成果を見せてくれた人物を選定して、今年で2回目の発表となるブルームバーグ50を載せた」と明らかにした。

ブルームバーグは防弾少年団を選んだ理由について「防弾少年団は去る6月、『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』でビルボードアルバムチャート1位となった最初のK-POPバンドであり、8月に『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』で再びチャート1位を占め、米国で前例のない水準の成功を収めた」と説明した。

ブルームバーグは「防弾少年団の絶大な人気は若い世代が好きなジャンルにもかかわらず、社会の問題、精神的健康と政治について喜んで話してきたことに起因する」と報じた。

続いて「防弾少年団の初のワールドスタジアムツアーのチケットは数分で完売し、これは全世界の観客が韓国の感性を持ったバンドを受け入れる準備ができているという別の信号」と明らかにした。

最後にブルームバーグは「防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントは防弾少年団の成功に基づいて映画、ゲームとオリジナルの動画コンテンツへと領域を拡大している」とし「今年3月には会社の売上高が昨年より2倍の8600万ドルを記録した」と伝えた。

この日発表された「ブルームバーグ50」はブルームバーグ週刊誌『ブルームバーグビジネスウィーク(Bloomberg Businessweek)』にも公開される。

一方、防弾少年団は8日と9日、台湾で「LOVE YOURSELF」アジアツアーを開催する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2018-12-07 07:41:11.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved