カン・ダニエルのファン、誕生日に961万2100ウォンを寄付


Wanna Oneのカン・ダニエルの誕生日を迎え、カン・ダニエルのファンが社会団体10カ所に寄付を伝達した。

カン・ダニエルのファンは去る5日、自身のツイッターを通じて「いつの間にか目前に迫ったダニエルの23番目の誕生日が多くの人々に、より意味のある日となることを願って合計961万2100ウォンを10の財団に分けて伝えました」と寄付のニュースと一緒に10団体から受けとった寄付証書を公開した。

このファンが寄付を伝達した団体は韓国こども白血病財団、韓国小児がん財団、ユニセフ、セーブ・ザ・チルドレン、国境なき医師団、動物権行動カラ、動物権団体ケア、緑の傘子供財団、美しい財団、独居老人総合支援センターで、それぞれの団体に96万2100ウォンを寄付した。

寄付金総額の961万2100ウォンはカン・ダニエルの誕生日である「961210」の数字に合わせたもので、このファンは昨年にもカン・ダニエルの誕生日を迎えて社会団体に寄付を伝達して話題になった。

昨年、ファンから寄付を受けた韓国こども白血病財団は「寄付を受け付けた担当者が『寒い冬、厳しい戦いをしている子たちが少しでも温かくなってくれたら』と感想を伝えた。寄付証書には『今のようにいつも世界を照らす光になってください』というメッセージを残した」とし「小児がんの子どもに温かい愛を伝えたファンと寄付のきっかけになってくれたWanna Oneカン・ダニエルにこの場を借りて再び感謝を伝える」と明らかにした。

カン・ダニエルのファンはカン・ダニエルの記念日などに寄付と奉仕で愛を分かち合ってきた。

カン・ダニエルの誕生日を祝って心温かい寄付に伝えたこのファンのニュースに他のファンたちは「このようなセンスあふれる善行まで。いつも幸せで健康でいてください」、「カン・ダニエルのファンとして本当に誇らしく素晴らしい」、「意味のある寄付、ありがとうございます」、「カン・ダニエルの名前で寄付。少ない金額でもないのにすごい」など様々な反応を見せ感謝を表現した。

一方、カン・ダニエルが所属するグループWanna Oneは先月、初のフルアルバム 『1¹¹=1 (POWER OF DESTINY)』を発売し、契約終了を控えて最後にカムバックした。タイトル曲『Spring Breeze』はひとつとなって一緒にいた君と僕がお互いを恋しがることになってしまった運命(DESTINY)、その運命に対抗して闘い再会して一つになろうとする意志(POWER)を表わした。Wanna Oneは年末、各種の授賞式などを通じてファンたちと出会う。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ウジュ インターン記者
  • 入力 2018-12-07 11:16:35.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved