「まず熱く掃除せよ」7話 キム・ユジョン&ユン・ギュンサン&ソン・ジェリム、三角関係が本格化

「まず熱く掃除せよ」7話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

ユン・ギュンサン、キム・ユジョン、ソン・ジェリムの三角関係に火がついた。

17日に放送されたJTBC月火ドラマ『まず熱く掃除せよ』7話ではチャン・ソンギョル(ユン・ギュンサン)が自分の気持ちを無視している間、チェ・グン(ソン・ジェリム)がキル・オソル(キム・ユジョン)に率直に告白し、すれ違う三角関係がスタートした。

2度目のキスの後、チャン・ソンギョルが言ったひどい言葉に傷ついたキル・オソルはチャン・ソンギョルと距離を置きはじめた。チャン・ソンギョルは彼女の冷たい態度に接し、申し訳ないという気持ちがさらに大きくなっていった。キル・オソルは「私も恋愛する気はありません。代表のような人とは特に」と断言して傷ついた分、仕返ししてやった。冷静に言葉を放って去って行ったが、まだ怒りが収まらずミン・ジュヨン(ドヒ)に電話をかけチャン・ソンギョルに「ムカツク」と叫んだ瞬間、冷ややかな雰囲気を感知した。チャン・ソンギョルとクォン秘書(ユ・ソン)がキル・オソルの前を通り過ぎて行った。心にもない言葉でキル・オソルを傷つけたチャン・ソンギョルとその事情を知る由もないキル・オソルのかわいい神経戦が妙なときめきと一緒に笑いを誘った。一方、チャン・ソンギョルはチェ・グンとの相談治療中、キル・オソルのせいで混乱する心境を打ち明けた。自分の気持ちを努めて否定するチャン・ソンギョルの気持ちを誰よりもよく知っているチェ・グンは「その人を守ってあげることができるほど好きですか?」というストレートな質問でチャン・ソンギョルを揺るがした。キル・オソルを思う彼の気持ちが自分と同じだと知っているのでチェ・グンもなかなか不安な様子を隠せずにいて、2人の男の目に見えない神経戦は緊張感を増幅した。

そんな中、彼らの関係の変化を予告した決定的な事件が起きた。ミン・ジュヨンに連れられて来た学校の講演場でドクター・ダニエルという名前で講演中のチェ・グンに会った。チェ・グンは驚いたキル・オソルと目を合わせて「もしかしたら、僕たちにとって切実な機会が僕たちのすぐ前に来ているのかもしれない」という意味深長な言葉を残した。その時刻、チャン・ソンギョルは自分の気持ちを無視していた自分の態度と、それによってキル・オソルを傷つけてしまったことを後悔して告白を決心した。しかし、キル・オソルに会うために訪れた学校でチャン・ソンギョルはキル・オソルに告白するチェ・グンの姿を見た。食い違ったタイミングとすれ違った感情の中、本格的に動き出した三角関係がときめき指数を上昇させた。

チャン・ソンギョルの驚くべき変化を見守ってきたクォン秘書がチャ会長(アン・ソクファン)を訪ねキル・オソルの存在を知らせる姿も公開されてチャン・ソンギョルとキル・オソルの関係を揺るがす事件を暗示して緊張感を加えた。

まだ明らかにされていない中央洞再開発事件にまつわる秘密にも関心が集まる。6年前の事件を見つめるチェ・グンの眼差しと再開発現場でキル・オソルのメダルを握ったまま運ばれたキル・オソルの母の姿まで描かれ、彼らはどんな関係で関わっているのか、好奇心を刺激した。

『まず熱く掃除せよ』7話の視聴率は全国基準3.4%、首都圏基準3.4%(ニールセンコリア、有料世帯基準)を記録した。8話は今日(18日)、韓国時間の夜9時30分にJTBCで放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-18 08:57:06