イ・ジョンソク&イ・ナヨン「ロマンスは別冊付録」ティーザーポスター公開



誰もが待ち望んだ夢の組み合わせイ・ナヨンとイ・ジョンソクのティーザーポスターがついに公開された。

tvNの土日ドラマ『ロマンスは別冊付録』(演出イ・ジョンヒョ、脚本チョン・ヒョンジョン)は出版社を背景に本を作る人々の話を暖かく描いた作品だ。OCN『ライフ・オン・マーズ』、tvN『グッド・ワイフ』など独特な演出力で愛されるイ・ジョンヒョ監督とtvN『ロマンスが必要』シリーズで呼吸を合わせたチョン・ヒョンジョン作家の再会は、暖かい感性が溶け込んだ差別化されたラブコメディの誕生を期待させる。

信頼できる制作陣に9年ぶりにドラマに復帰するイ・ナヨンと毎作品を自身の代表作にしてしまうイ・ジョンソクの出会いは、それ自体だけで期待を高める。どこでも見られないラブコメドリームチームを完成させた『ロマンスは別冊付録』がティーザーポスター2種を公開してときめかせる。

公開されたティーザーポスターの中のイ・ナヨンとイ・ジョンソクはロマンス小説から飛び出してきたかのような姿で視線を集める。本の上に横になって甘い笑顔を浮かべるイ・ジョンソクはすでに「文学界のアイドル」天才作家チャ・ウンホそのもの。別冊付録を開き現れたイ・ナヨンは好奇心に満ちた表情を浮かべている。ポジティブなエネルギーを持つイ・ナヨンのさわやかな笑顔は期待心理をさらに刺激する。特に、本の表紙に書かれた「そうして、彼らの次の章が始まった」というフレーズが2人の描くロマンスへの好奇心を刺激する。

別のティーザーポスターの中、本で顔を隠して横になっイ・ナヨンとイ・ジョンソクの姿も興味深い。一緒にいるだけでも「ドキドキ」と胸をくすぐるイ・ナヨンとイ・ジョンソクのロマンスシナジーが初放送に対する期待感を膨らませる。

出版社を背景に繰り広げられる2人のエキサイティングな関係にも関心が集まっている。イ・ナヨン演じる「カン・ダンイ」は一時は売れっ子のコピーライターだったが、いつの間にかセンスがなくなって高スペックのキャリア断絶女性になってしまった人物だ。イ・ジョンソクは「文学界のアイドル」であり最年少編集長「チャ・ウンホ」役で新たなキャラクターを予告する。

人生第2幕をスタートするカン・ダンイと特別な縁がある「年下男子」チャ・ウンホが出版社を背景に作っていく「新しい章」は温かい共感とときめきを披露する予定。何よりも本を作る人々の苦労は愉快な笑いと一緒にアナログ感性を刺激して別冊付録のようについてくるロマンスは胸をいっぱいに満たすときめきをプレゼントすると期待を集めている。

一方、tvN土日ドラマ『ロマンスは別冊付録』は『アルハンブラ宮殿の思い出』の後続として、来年上半期tvNで初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-26 08:39:27