バンド春夏秋冬のチョン・テグァンさん、27日に死去…享年56歳


バンド春夏秋冬のチョン・テグァンさんが7年間の腎臓がんとの闘病の末に永眠した。享年56歳。

28日、春夏秋冬のメンバーキム・ジョンジンは「皆さんに胸の痛むニュースをお知らせする。27日の夜、ドラマーのチョン・テグァン君がこの世を去った」とし「チョン・テグァン君が古い病魔に勝てず、昨夜、家族が見守る中で静かに息を引き取った」と明らかにした。

チョン・テグァンさんは2012年、腎臓がんで片方の腎臓を切り離す手術を受け、2年後の肩にがんが転移して闘病生活を続けてきた。チョン・テグァンさんの妻キム・ヨンギさんもがん闘病生活を送ったが4月にチョン・テグァンさんより先にこの世を去った。2人には娘のチョン・ハヌルさんがいる。

春夏秋冬のキム・ジョンジン、チョン・テグァンさんは1986年、故キム・ヒョンシクさんが結成したバンド「キム・ヒョンシクの春夏秋冬」として活動を開始した。1988年、春夏秋冬として1枚目のフルアルバムを発表して正式にデビューして今年で30周年を迎えた。春夏秋冬は『ブラボーマイライフ』など多くのヒット曲で愛されてきた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2018-12-28 07:51:45.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved