ユ・インナ、欠食児童のため3000万ウォンを寄付


ユ・インナが苦しむ人たちを助けるために寄付を行った。

3日午前、ユ・インナの所属事務所YGエンターテイメント側はMKスポーツに「ユ・インナが救世軍社会鍋の欠食青少年食事支援事業に3000万ウォンを寄付したのは事実だ」とし「昨年12月31日に行った」と明らかにした。

この日、マイデイリーは「ユ・インナが欠食青少年を思う切ない気持ちから助ける方法を探し、救世軍社会鍋に食事支援事業基金を伝達することになった」と関係者の言葉を引用して報道している。

報道によるとユ・インナ自身は寄付の事実が知られることに消極的だった。周りに通知せずに静かに善行を行う計画だった。

ユ・インナの寄付は今回が初めてではない。

彼女はナレーションを通じた声の才能寄付や慈善ポスター、治療費支援などの方法で苦しむ隣人を助けてきた。

一方、ユ・インナは過去、2009年MBCシチュエーションコメディ『明日に向かってハイキック』でデビューした。以後『シークレットガーデン』『星から来たあなた』『トッケビ』などに出演して大衆に顔を知らせた。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ドヒョン記者 / 写真=MBNスター提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-03 09:57:26.0