ユ・ヨンソク&ソン・ホジュン&チェ・ジウ&ヤン・セジョン「コーヒーフレンズ」初日は4.9%


『コーヒーフレンズ』がさわやかな出発を知らせた。

4日に韓国で放送されたtvN『コーヒーフレンズ』の初放送は世帯平均視聴率4.9%、最高視聴率6.1%を記録して、ケーブル総合編成含む同時間帯1位を記録した。

この日の放送ではブランチカフェ営業初日の様子が描かれた。昨年、ケータリングカーを運転しながら寄付プロジェクトを進行していたユ・ヨンソクとソン・ホジュン。今回の『コーヒーフレンズ』で2人は、済州島のみかん農場でブランチカフェ運営を行うことになった。

ユ・ヨンソクとソン・ホジュンはカフェのインテリアを直接構想し、チェ・ジウとヤン・セジョンをアルバイトとして交渉することに成功した。済州島で初めて集まった4人は役割分担会議をはじめ、本格的な営業準備をスタートさせた。この過程で料理研究家ペク・ジョンウォンがフレンチトースト、みかんカヤジャム、黒豚のトマトシチューのレシピを伝授して期待感を高めた。カフェ開店日の前日、完璧な食パンを作るのに苦労するソン・ホジュンの姿が視聴者をハラハラさせたりもした。

営業初日を迎え、出演陣は路上で積極的に客の誘致を行った。ユ・ヨンソクが撮影したポラロイド写真にカフェの住所と営業時間を書いて市民に配ったもの。オープン時間が過ぎたがしばらく客は現れず、メンバーは不安に陥った。しかし、やがて最初の客が到着するとメンバーたちは満面の笑顔を取り戻した。

シェフのユ・ヨンソク、バリスタのソン・ホジュン、ホールマネージャーのチェ・ジウ、マルチプレイヤーのヤン・セジョンの幻想的な呼吸が視聴者たちの笑顔を誘った。4人の出演陣と客の正直なコミュニケーションも注目を集めた。

一方、この日の放送では数回の突発状況が発生して緊張感を高めた。押し寄せる客により注文が入れ替わったり、野外席に座ろうとする客に慌てたりした。しかし、4人の出演陣はそのたびにセンスを発揮して対処する姿を見せて安心させた。放送末尾では団体客により大きな混乱に陥ったメンバーたちと彼らを助けるためにアルバイトとして登場したチョ・ジェユンの登場が予告されて来週の放送への期待を高めた。

パク・ヒヨンPDは「『コーヒーフレンズ』に多くの応援を送ってくださった視聴者の方々に心から感謝する」と初放送の所感を伝えた。

 続いて「来週の放送では徐々に安定していく出演陣の姿と一緒に、新しい事件が待っている。今後、さらに大きな楽しみを感じることができるだろう。たくさん期待してほしい」と明らかにした。

『コーヒーフレンズ』はユ・ヨンソクとソン・ホジュンが済州島のみかん農場でカフェを運営し、収益金を全額寄付するバラエティ番組だ。毎週金曜日の夜9時10分に韓国で放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-01-05 08:06:40.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved