俳優兼ファッションデザイナーのハ・ヨンス、5日に死去…享年69歳


俳優出身の有名ファッションデザイナーのハ・ヨンスが肝臓癌との闘病の末に5日、死去した。享年69歳。

放送界によるとハ・ヨンスはこの日午前2時25分頃、京畿道楊州のある療養病院で肝臓癌と胆道癌、脳梗塞などとの闘病の末、この世を去った。故人はソウル大病院で治療を受けてきたが、昨年12月からは療養病院に移されて治療を受けてきたことが分かった。

ハ・ヨンスは1日、肝臓癌の診断を受けて病院で治療を受けているというニュースが知られ、ファッション界と芸能界に衝撃を与えた。

報道当時、ハ・ヨンスの健康状態は具体的には知られていなかったが、4日に俳優のハン・ジイルを通じて危篤状態であることが伝えられた。

俳優出身のファッションデザイナーであるハ・ヨンスは1969年、TBC公開採用7期タレントとして芸能界にデビューして様々な作品に出演してきた。

1970年代以降には俳優の活動より韓国のファッショントレンドを代表する看板デザイナーとしても大活躍した。

特にイ・ジョンジェ、チェ・ミンス、イ・ミスク、イェ・ジウォンなどの俳優たちを発掘してスター隊列に並ばせ、90年代を代表する「ミダスの手」と呼ばれた。昨年1月に公開された映画『天和』では認知症高齢者の役を引き受けて熱演した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 / 写真=ホ・ヨンスSNS | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-05 10:37:41.0