「真心が届く」でイ・ドンウクが頼もしい弁護士に…初撮影スチール公開


2019年、tvN最初の水木ドラマ『真心が届く』でのイ・ドンウクの初めての撮影スチールが公開された。信頼感を与えるビジュアルで定規で測ったような「完璧主義の弁護士」クォン・ジョンロックに変身して期待を高める。

来る2月6日に韓国で初放送予定のtvNの新しい水木ドラマ『真心が届く』はある日、ドラマのように法律事務所に落ちてきた有名女優オ・ユンソ(ユ・インナ)が完璧主義弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に会ってはじまる偽装就業ロマンスだ。イ・ドンウクとユ・インナが主演を務め、パク・ジュンファ監督が演出を引き受けて、視聴者の心に届くドラマとして期待を集めている。

イ・ドンウクは勝訴率1位、信頼度ナンバーワンのオールウェイズ法律事務所のエース、クォン・ジョンロク役を引き受けた。

時間を厳守して遅刻を嫌悪する完璧主義の弁護士で、不本意ながらも女優オ・ユンソの偽装就業パートナーになる人物だ。

『真心が届く』側は8日、クォン・ジョンロク役を演じたイ・ドンウクの最初の撮影スチールを公開して期待が高まっている。公開されたスチールには、法廷で独歩的なオーラを見せるイ・ドンウクの姿がおさめられている。弁護人席に座って準備をしているイ・ドンウクは刻々と変化する目つきで見る人をときめかせる。

特に彼の自信に満ちた目つきと口元に浮かぶ勝者の笑顔が「オールウェイズ法律事務所」の勝訴率1位、エース弁護士クォン・ジョンロクの力をあらわしている。続いて弁論を始めた彼の姿はやわらかいカリスマと頼もしさを見せている。

イ・ドンウクは最初の撮影から「完璧主義の弁護士」クォン・ジョンロクというキャラクターになりきった表情で熱演を繰り広げた。「オールウェイズ法律事務所」のエースらしい自信を深い眼差しに焼き付けて、論争をするときは相手を説得する真正性を感じさせる目つきと鋭く光る目つきを行き来し、勝訴率1位、信頼度ナンバーワンの弁護士クォン・ジョンロクへの変身を遂げて現場の感嘆を誘ったという。

『真心が届く』側は「イ・ドンウクは最初の撮影から完全にクォン・ジョンロクに変身した。完璧主義で公私の区分が明確な弁護士クォン・ジョンロクの姿に続き、穏やかで優しい笑顔を見せて撮影現場の女心をときめかせた」とし「このようにイ・ドンウクの多様な魅力を『真心が届く』を通じて確認することができる。来る2月6日に初放送される『真心が届く』にたくさん期待してほしい」と伝えた。

一方、イ・ドンウクとユ・インナ主演のtvN水木ドラマ『真心が届く』はドラマ『ボーイフレンド』の後続として来る2月6日夜9時30分に韓国で初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-01-08 10:03:45.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved