故シン・ヘチョルさんの執刀医に12億ウォンの賠償判決…減額に不満の声も


故シン・ヘチョルさんの遺族が故人の胃を縮小する手術を行った執刀医を相手に提起した民事訴訟の控訴審で勝訴した。ただし賠償額は1審より4億ウォン余り少ない約12億ウォンへと減額された。ネット上では賠償額に対する物足りなさと執刀医の医師免許問題が再び話題となっている。

10日、ソウル高等法院(高裁)民事9部(イ・チャンヒョン部長判事)はシン・ヘチョルさんの遺族がソウル市松坡区のS病院のカン元院長と保険会社を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、カン元院長がシン・ヘチョルさんの夫人ユンさんに5億1300万ウォン、シン・ヘチョルさんの2人の子供にそれぞれ3億3700万ウォンと遅延利息を支払うようにと判決を下した。

また、カン元院長がユンさんに支給するべき賠償額のうち3億ウォンは保険会社が共同負担せよと判決を下した。裁判部が認めた賠償額は合計11億8000万ウォンで、1審で認められた16億ウォンより減少した。控訴裁判部は特に理由を説明しなかったが、1審のようにカン元院長の医療過誤と賠償責任を認めたものと判断される。

先立って1審裁判部は「特別緊急手術が必要な状況ではなかったにもかかわらず、カン元院長は他の治療法の可能性をしっかりと検討したり試みないままに、すぐに癒着剥離術を行った」とカン元院長の過ちを認めている。シン・ヘチョルさんが退院後に病院を訪ねてきたときに腹膜炎の可能性を検査しないまま退院させた点なども間違っていると判断した。

シン・ヘチョルさんは2014年、医療事故により突然この世を去って大衆に大きな衝撃をもたらした。シン・ヘチョルさんは2014年10月17日、消化管の癒着剥離術の手術と胃縮小術の手術を受けた後、高熱や痛みなどの腹膜炎の症状を示していたが、同月27日、低酸素性虚血性脳損傷により亡くなった。

シン・ヘチョルさんの死後、遺族は医療過誤によりシン・ヘチョルさんが死亡したとして執刀医であるカン元院長に損害賠償を請求する訴訟を提起し、1審に続いて2審で勝利した。また、手術を執刀したカン元院長は業務上過失致死が認められ、昨年5月に懲役1年を宣告され法廷拘束された。

遺族の控訴審での勝訴にもかかわらず、インターネットユーザーは判決に物足りないという反応を見せている。ネットユーザーたちはは「なぜ減額されたの?ありえない」、「賠償額があまりにも足りない。率直に言って200億ウォンでもシン・ヘチョルの命と変えることができない」、「人を殺しても、たったの11億ウォンでいいだなんて」、「16億ウォンでも少ないのに減額だなんて」など1審より減った賠償額を指摘した。

賠償額だけでなく、医師の資格を剥奪しなければならないと主張する声も少なくなかった。ネットユーザーたちは「あのような過ちを繰り返す医師は資格を剥奪すべき。芸能人ではない一般人はどれほど被害を受けるだろうか」、「まだ医師免許の剥奪がされてないの?」、「あんな人を医師にしておくと被害者がまた生まれる。厳罰が必要」、「お金よりも重要なのは医師免許剥奪だ」などと懸念を示した。

一方、シン・ヘチョルさんは1988年、MBC大学歌謡祭にグループ無限軌道として出場、大賞に輝いて彗星のように登場した。彼は1992年にロックバンドN.EX.Tを結成し、グループとソロを行き来して数々の名曲を残した。シン・ヘチョルさんは実験的で独創的な彼の音楽の世界だけでなく、所信の強い優れた弁舌で「魔王」という修飾語を得て大衆から多くの愛を受けていた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チェ・ジウォン インターン記者
  • 入力 2019-01-10 14:03:25.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved