「皇后の品格」31・32話 チェ・ジニョク、チャン・ナラの前で「好きです」…最高18.8%を記録

「皇后の品格」31・32話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『皇后の品格』チェ・ジンヒョクがチャン・ナラに告白をしながら最高視聴率18.8%を記録、水木ドラマ全体1位の座を堅固に守った。

去る10日午後放送されたSBS水木ドラマ『皇后の品格』31話と32話の視聴率はニールセン・コリア首都圏基準で前回よりも上昇し、それぞれ13.5%(全国12.5%)と16.7%(全国15.3 %)を記録した。これに加え最高視聴率は18.8%まで上昇した。

同時間帯のMBCドラマ『赤い月青い太陽』は視聴率がそれぞれ4.3%(全国4.1%)と5.6%(全国5.2%)を記録し、KBS2『どうしてプンサンさん』はそれぞれ5.9%(全国6.5%)と7.4 %(全国7.8%)にとどまった。

この日、時限爆弾テロにあったオ・サニー(チャン・ナラ)がチョン・ウビン(チェ・ジンヒョク)のおかげで、かろうじて一命を取りとめた後、太后(シン・ウンギョン)と神経戦を繰り広げる内容、そして彼女が皇太弟イ・ユン(オ・スンユン)から自分の母親の死と関連した全貌を聞いて衝撃を受ける姿も描かれた。

また、ウビンは太后の花園に侵入してボタンを落としながら危機に陥ったが、ソジン公主(イ・ヒジン)のおかげで危機を免れる内容も描かれた。ドラマの最後でウビンはイ・ヒョク(シン・ソンロク)の前で「私が好きなんです。皇后様を」と告白して次の展開への好奇心を刺激した。

『皇后の品格』の関係者は「今回はサニーが自分の命を救ってくれたウビンから告白まで受けた」とし「特に母の死の真実を知った彼女が今後どのように皇室への復習を展開していくのか、そしてユラ(イエリヤ)とジュスン(ユ・ゴン)をめぐる興味深いストーリーも展開するので期待してほしい」と紹介した。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-11 09:01:41.0