「最高のチキン」4話 パク・ソンホ、チュ・ウジェのスカウトに成功

「最高のチキン」4話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

パク・ソンホが漁夫の利でチュ・ウジェのスカウトに成功した。

10日に韓国で放送されたDramaxとMBNドラマ『最高のチキン』(脚本パク・チャンヨン、チョ・アヨン / 演出イ・スンフン)はチキン屋の社長パク・ソンホが偽装就業アルバイトのキム・ソヘの活躍(?)でミシュランシェフ出身のチョ・ウジェを最終的に獲得する姿が描かれた。

パク・チェゴ(パク・ソンホ)は野心的に開業したチキン屋に3日連続で客が来ないと、チラシを配布したり、試食プロモーションを行ったり、「チキンテースター大会」も出場するなど、店の広報のための様々な方法を動員して苦労した。いよいよ謎の乞食アンドリュー・カン(チュ・ウジェ)を最初のゲストに迎えたが、しっかりと火の通っていないチキンを提供して厳しい指摘を受けた。

一晩研究した末に修正されたレシピで強い自信を見せた彼は、再び訪問したアンドリュー・アンがチキンを次々に食べると、明るい笑顔で試食の評価に対する期待を見せた。しかし問題はなかったが、秀でている部分もないという冷たいアンドリュー・カンの反応はパク・チェゴを再びパニックに陥れた。

続いてアンドリュー・カンが教えてくれた裏技で調理したフライドチキンを味わったパク・チェゴは彼をスカウトすることに決めて、本格的な勧誘作戦に突入した。町中を歩き回ってアンドリュー・カンを探したが、思ったより彼の痕跡を見つけるのは簡単ではなかった。チキン屋の没落を夢見るソ・ボアが先にアンドリュー・カンを横取り(?)したからだ。

しかし、ソ・ボアの妨害はむしろアンドリュー・カンの心を開く起爆剤となった。

新しい仕事を探してあげて、自活のために東奔西走したが、彼女の助け(?)は彼の料理に対する勇気を復活させる結果につながり、視聴者を爆笑させた。

このようにアンドリュー・カンを探しだしたパク・チェゴと、これを防ごうとするキュートなスパイのソ・ボアのどたばた対決は視聴者を魅了した。結局、アンドリュー・カンを手に入れて勝負をかけるパク・チェゴの創業記が視聴者の関心を集めているなか、彼のチキン屋が成功するのかに期待が高まっている。

一方、アンドリュー・カンが加わって新たな局面を迎えたパク・チェゴと相次いで妨害工作に失敗しているソ・ボアの話、DramaxとMBNの水木ドラマ『最高のチキン』は韓国で毎週水曜日と木曜日の夜11時に確認することができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-11 07:59:54.0