「真心が届く」ユ・インナとイ・ドンウクがバトルするティーザー映像公開


『真心が届く』でユ・インナのキャラクターティーザーが公開された。

tvNの水木ドラマ『真心が届く』はある日、ドラマのように法律事務所に落ちてきた女優オ・ユンソ(ユ・インナ)が完璧主義の弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に会って始まる偽装就業ロマンスだ。イ・ドンウクとユ・インナが主演を務め、パク・ジュンファ監督が演出を引き受けて期待を集めている。

『真心が届く』側は10日、ユ・インナのキャラクターティーザー映像を公開した。公開された映像の中には完璧主義者のクォン・ジョンロクに嫌味を言う女優オ・ユンソ(本名オ・ジンシム)のインタビューと、これを見て宣戦布告する弁護士クォン・ジョンロクの姿が描かれて笑いを誘うとともに、2人が作るロマンスを期待させる。

映像の中で「トップスターのオ・ユンソ、彼女が引き受けた役は?」という質問にオ・ユンソは「病的レベルの完璧主義者クォン・ジョンロク、彼のもとでありとあらゆる苦難と屈辱に屈せず勝ち抜く、悲運の主人公の役です」と答えて涙を浮かべる。まるで継母の虐待に耐えるシンデレラのような状況を説明するオ・ユンソの答えと表情が好奇心を刺激する。

続いて、このインタビュー映像をオフィスで見ていて拳を机の上に振り下ろすクォン・ジョンロクの姿が目耳を集中させる。彼は悔しいとでも言うように「最後まで法の通りに行いましょう。オ・ユンソさん」と宣戦布告する。握り締めた拳と燃える目つき。クォン・ジョンロクの表情から戦闘の意志が伝わってきて笑いを誘う。

これに『真心が届く』のクォン・ジョンロクとオ・ユンソの「甘く殺伐とした戦争」が繰り広げられることが予想され、胸をどきどきさせる。

一方、tvN水木ドラマ『真心が届く』は韓国で来る2月6日午後9時30分に初放送される。
  • MBNスター キム・ソルジ記者 / 写真=tvN
  • 入力 2019-01-11 16:22:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved