コン・ユ「作品を選ぶときは積極的に自分の感情を反映する」


俳優コン・ユが雑誌を通じて挨拶した。

コン・ユはファッションマガジン『Harper's BAZAAR KOREA』2月号のカバーを飾った。写真だけでなくドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』以来、約2年ぶりに映画『82年生まれ、キム・ジヨン』『徐福(仮題)』まで、2019年の活躍を予告して近況を公開した。

米国サンフランシスコで撮影された今回の写真の中で、コン・ユは広大な風景を満喫する自由な姿を見せた。

ここに降り注ぐ太陽の光を受けつつ普段から好んで着るカジュアルなトレーニング姿で気軽さを、ニットやシャツをマッチしてダンディーな魅力までを加減なく見せた。特に撮影中、リラックスした雰囲気で現場をリードしたコン・ユの人間味あふれる姿が写真の中にもそのまま溶け込んでいる。


インタビューを通じてコン・ユは俳優としての彼の所信を率直に打ち明けた。作品を選ぶときは大胆で千変万化に見えるという質問に「計画的に動くわけではない。作品を選ぶ時に私が感じる感情を積極的に反映する。典型的なところに溜まっていたくないし、流れ続けたいと考えている。作品を選ぶ際に最も大きな悩みの一つは自分自身にとって新しさと新鮮さを与えることができるかだ。シナリオを書いて演出をしなくても、作品を作っていくメンバーとして参加して創造的な仕事をするからだ」と伝えた。


一方、撮影時に好きなバスケットボール選手ステフィン・カリーの試合を見て熱い応援をしたという話に「最も好きな選手の試合を見る時はテレビの前であってもチームのユニフォームを着る」と気さくな一面を表わした。

サンフランシスコの広大な風景でコン・ユの自由な姿をおさめた映像、映画『82年生まれキム・ジヨン』『徐福(仮題)』のクランクインを控えた近況は『Harper's BAZAAR KOREA』2月号とウェブサイト、インスタグラムで確認できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=Harper's BAZAAR KOREA | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-17 09:00:59