「ロマンスは別冊付録」イ・ナヨン&イ・ジョンソクの予告編公開に爆発的な反応


『ロマンスは別冊付録』でイ・ナヨンとイ・ジョンソクが新たに綴るロマンチックチャプターの予告編が公開された。

『アルハンブラ宮殿の思い出』の後続として来る26日に初放送されるtvN土日ドラマ『ロマンスは別冊付録』(脚本チョン・ヒョンジョン、演出イ・ジョンヒョ)側がときめきながらも切ない予告編を公開して爆発的な反応を得ている。

熱い期待の中で初放送を控えている『ロマンスは別冊付録』は出版社を背景に本を作る人々の物語を描いたラブコメディだ。かつて売れっ子のコピーライターだったがキャリアが断絶したカン・ダンイ(イ・ナヨン)と「文学界のアイドル」スター作家チャ・ウンホ(イ・ジョンソク)。人生第2幕を開始するカン・ダンイと特別な縁で繋がった年下男子チャ・ウンホが作っていく「ロマンチックチャプター」がときめきの魔法を披露する見込みだ。また本を作る人々の苦労は愉快な笑いと一緒に温かい共感を刺激し、胸をいっぱいに満たす。

短いティーザー映像とポスターだけで、ときめきを刺激したイ・ナヨンとイ・ジョンソクは放送前から視聴者たちをわくわくさせている。初放送に対する期待が日増しに高まる中でついに予告編が公開されて注目されている。「時間を戻して、過去に戻りたい日があるなら、まさにあの瞬間だ」というイ・ナヨンのナレーションと一緒にはじまる予告編は最初からときめきを誘う。純白のウェディングドレスを着たイ・ナヨンと向かい合ったイ・ジョンソク。淡い笑顔を見せるとイ・ナヨンの手を握って、どこかへと走る姿につながる。特別な「知り合い」のカン・ダンイとチャ・ウンホの戻りたい瞬間はいつなのか、なぜチャ・ウンホはウェディングドレスを着たカン・ダンイの手を握って走っているのか、2人の話が好奇心を刺激する。

続いて「こうして彼らの新しいチャプターが始まった」という文章をめく​​ると、全く異なる現実が繰り広げられる。厳しい現実を生きていくカン・ダンイ。疲れた顔で雨の中を歩くカン・ダンイは「誰かが突然現れて、私の人生を救うという、そんなとんでもない話、私には信じられない」と自嘲する。一人で涙をこぼすカン・ダンイをこっそり見守って胸を痛めているチャ・ウンホの姿も興味深い。暖かく抱きしめてあげて涙を流すチャ・ウンホが見る人々の胸を締め付ける。ここに「カン・ダンイが笑えば嬉しいし、カン・ダンイが泣いたら心が痛くて狂いそうになる。僕も知りたい、僕の心を」というチャ・ウンホの独白はときめきと切なさを同時に刺激する。

何よりも美しい映像と交わったイ・ナヨンとイ・ジョンソクのシナジーが視線を集める。9年ぶりにお茶の間に復帰するイ・ナヨンは人生第2幕を開始するカン・ダンイの感情線をディテールな演技で表わして、冷徹だが暖かい心を持った天才作家チャ・ウンホを演じるイ・ジョンソクは特有の繊細さと一層深くなった眼差しで視線を釘付けにする。

予告編を見た視聴者たちは「まさにレジェンドの組み合わせ!イ・ナヨンとイ・ジョンソク」、「短いけど強力でときめく」、「感情線がうまく描かれるドラマになりそう」、「イ・ナヨン、イ・ジョンソクのビジュアルがすごい。この世界のケミストリーではない」、「ワクワクしながらも切ない。涙を流すイ・ジョンソクに胸キュン」、「さすがイ・ジョンヒョ監督とチョン・ヒョンジョン作家、好みのど真ん中のラブコメだ」などの反応で期待と関心を表わした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-17 08:39:41