神話チョンジン「実母に24歳のとき初めて会った、母のようだった祖母が恋しい」


『みにくいうちの子』でチョンジンが祖母に対する恋しさと複雑な家庭の事情を公開した。

去る20日に韓国で放送されたSBSのバラエティ番組『みにくいうちの子』にはチョンジンがスペシャルMCとしてスタジオに登場した。

この日の放送でチョンジンはこの世を去った祖母を思い出して「両親のようだった祖母が2年前に亡くなった」としながら「私にとっては母であり祖母だったが、亡くなってからすべてが崩れたようだった。何もしたくなかった」と辛かった当時を回想した。

このようなチョンジンにキム・ゴンモの母は慎重に実母に対して尋ね、チョンジンは「継母が私をとても愛してくださった。私が実母により苦しんでいることを知って、直接実母を探してくださった」と話し始めた。

彼は「24歳のときに初めて実母に会った。コーヒーショップで会うことにして出向いて、一度も見たことのなかった母だったが、ドアを開けた瞬間に母であることが分かった。思わず涙があふれきた。とても震えて、なぜ私を置いて行ったのかと尋ねるのに2分もかかった」と打ち明けた。

また24歳のとき以来、実母とは連絡をとっていないと明らかにし、「当時、再婚されて小学生の息子がいた。私はその息子が心配になった。私のように大変になるのではと。穏やかに生きてほしいと、息子が成人して受け入れることができるときに連絡してほしいと話した」と思いやり深い姿を見せた。

それだけでなく、チョンジンは亡くなった祖母とパク・スホンの母の外見が似ているとし、番組を見ながら泣いたりもしたと話して涙を流した。チョンジンのこのような告白に母たちは「おばあさんが望まれているのは孫が幸せに生きること」となぐさめ、パク・スホンの母は「家に遊びに来なさい」と話して温かい雰囲気を作った。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-21 08:27:36