東方神起ユンホ、パニック障害を克服して人間お守りになった情熱男


『ラジオスター』に出演したユンホが情熱的な姿で「人間のお守り」の魅力を爆発させた。

去る23日に韓国で放送されたMBCのバラエティ番組『ラジオスター』には東方神起ユンホ、コメディアンのキム・ウォニョ、V.O.Sパク・ジホン、ファン・チヨルが出演して情熱あふれる激しいトークバトルを繰り広げた。

情熱を燃やすことを「ユノユンホする」と表現する新造語まで誕生させるほど「情熱」の象徴となってしまったユンホは「最近、外でご飯を食べていたときに人が来て、徳談を一言お願いすると言ってきた。ある方は写真を撮ることよりも手を握って、私もできそうだと言っていた」とし、最近、人間のお守り(験担ぎ)になったエピソードを打ち明けて笑いを誘った。

トラウマを克服する方法もユンホらしかった。

「私も人間だから、これは危険だなと思って自分を制止する瞬間がある」とし「毎朝、今日一日を乗り越えようという気持ちで小銭を入れて克服する」と思った以上に教科書的な回答をしてスタジオを驚かせた。

ユンホは2006年の毒物テロ事件の直後に襲ったトラウマも特有の肯定的な性格と過酷な自分との戦いを繰り返して打ち勝ったことを告白した。ユンホは「毒物テロ事件を経験した後、しばらくの間はオレンジジュースを飲めなかった。ある日、そんな自分に怒りを覚えた。心の病が問題だと思って、根本的に問題を解決しようと決心した」と伝えた。

続いて「同じオレンジジュースを10個準備して蓋を開けたが、手がぶるぶると震えた。ここで負けたら、自分自身に負けることになる。生涯オレンジジュースを飲めなくなると考えて、震える手を我慢して飲んだ」とし「一度に良くなったというのは嘘で、徐々に良くなった。今は全く問題がない。今は蓋を開けて一気飲みできる」とパニック障害を自分だけの方法で克服した事情を明らかにした。

ユンホはトークだけでなく一発芸にも最善を尽くして取り組んだ。

また「人生の真理」のような黒歴史に分類されるインターネット上に漂うユンホのさまざまなイメージ画像が登場した。ユンホは自分のすべての過去を認めながらも、「その姿も私だ。「人生の真理」でもたくさんからかわれるが、それでもインパクトを残したと考えている」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-24 09:35:48.0