ナム・ジュヒョクの「眩しくて」スチールカット公開…深くなった眼差し


『眩しくて』でナム・ジュヒョクが見せる見事な演技変身に注目が集まっている。

『まず熱く掃除せよ』の後続として来る2月11日に初放送されるJTBCの新しい月火ドラマ『眩しくて』(演出キム・ソクユン、脚本イ・ナムギュ、キム・スジン、制作ドラマハウス)が24日、さらに深くなった眼差しで演技変身を予告したナム・ジュヒョクのスチールカットを公開し、キム・ヘジャ、ハン・ジミンとのシナジーをさらに期待させている。

2019年最高の期待作に挙げられる『眩しくて』は与えられた時間をすべて使えずに失くしてしまった女性と、誰よりも輝く瞬間を自ら投げ出して無気力な人生を生きる男、同じ時間の中にいても異なる時間を生きていく2人の男女の時間離脱ロマンスを描く。自分の名前と同じキャラクターで破格の変身を予告した大女優キム・ヘジャと女優としてトップに立つハン・ジミン、旬の俳優ナム・ジュヒョクの出会いはドラマファンをときめかせている。

公開された写真の中のナム・ジュヒョクは一層深くなった目つきと大人っぽい雰囲気で視線を集める。誰かに向かってそっと微笑む姿は少女漫画の主人公のようなビジュアルでときめきを膨らませる。別の写真の中のナム・ジュヒョクは世の中に一人で残されたような空虚な目つきで180度変わった感性を描く。毎回異なる表情を見せるナム・ジュヒョクの繊細な演技がきらびやかな時間を投げだしてしまったイ・ジュンハの事情への好奇心を誘う。

ナム・ジュヒョク演じる「イ・ジュンハ」は誰もがうらやむ完璧なルックスに頭脳まで備えた無欠点の記者を夢見る若者だが、ある瞬間、自分に与えられたきらびやかな時間を投げだして無気力な人生を送るようになる人物だ。さらに深まった演技でイ・ジュンハの感情線を描くナム・ジュヒョクの姿が期待される。何よりも与えられた時間をすべて使うこともできずに一瞬にして年老いた「ヘジャ」を演技するキム・ヘジャとハン・ジミンとの呼吸も期待される部分。2人のヘジャとどのような魔法のような相乗効果を発揮するのか期待が集まっている。

ナム・ジュヒョクは「ジュンハは外から見ると完璧に見えるが、内面は痛みと傷だらけのキャラクラター」とし、「ジュンハを介して変わった姿をお見せするために努力した」とし「撮影中、多様化するジュナの感情が作品の中に込められたメッセージと共に視聴者たちによく伝わったらという気持ちだけだった。メッセージ性のある、一風変わった時間離脱ロマンスを感じることができるだろう」と明らかにした。

『眩しくて』の制作陣は「ナム・ジュヒョクはイ・ジュンハの複雑な感情線を深く描き出した。ナム・ジュヒョクの新しい表情と魅力に会うことができる。キム・ヘジャ、ハン・ジミンとの見事な相​​乗効果にも期待してほいしい」と伝えた。

一方、『眩しくて』は韓国で2月11日(月)夜9時30分JTBCに初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=ドラマハウス | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-24 09:15:52.0