パク・ボゴム、韓国ファンミで5000人のファンと会う「待ち遠しかった」


パク・ボゴムが1年ぶりのファンミーティングを通じて5000人のファンと会った。

パク・ボゴムは26日、高麗大学のファジョン体育館で「パク・ボゴム 2019 アジアツアー in ソウル」を開催した。

「良い日」というテーマで行われた今回の出会いは2019年に行われるアジアツアーの開始を知らせる場だ。「こんにちは!パク・ボゴムです。1年ぶりに皆さんと会う場です。ほんとうに待ち遠しかったし、会いたかったです」と挨拶したパク・ボゴムは最近作『ボーイフレンド』の撮影ビハインドを含む近況を伝えた。

ゲストには、Block BのP.Oが登場して楽しい時間を共にし、続いてファンとのサプライズでの通話とキャンドル作りなど、さまざまなコーナーを通じてファンたちと疎通する時間を持った。


2部ではバラードからダンス曲まで多彩な曲の饗宴が続いた。すべての曲をパク・ボゴムが直接選曲、ファンと一緒に「良い日」を歌で表現したりもした。ドラマ撮影の忙しいスケジュールの中でもファンのために歌と振り付けの練習はもちろん、バンドとの呼吸など細部まで丁寧に準備するなど格別な努力を傾けたという。

ファンミーティング後半、パク・ボゴムは「20代後半になって自分の周辺の人、また平凡な日常の大切さについてもっと考えるようになりました。最初からこの道を僕と一緒に歩いてくれた皆さんに心から重ねて感謝します」とし「今日、一緒に過ごしたこの時間が良い日として記憶され、お互いにとって力になる良い思い出になることを願っています」と伝えた。

この日のファンミーティングでは、パク・ボゴムが直接デザインしたペンライト(応援棒)が公開されて注目を集めた。ファンへの感謝と愛、お互いを守る心を込めた特別なペンライトが客席を美しく染め、さらに感動を与えた。

パク・ボゴムは26日のソウルを皮切りに日本、バンコク、シンガポール、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、台湾、フィリピンなどアジア9都市にて約5万人のファンとの出会いを続ける予定だ。

  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-28 09:41:20.0