イ・ジュニョク主演「ラブ・セラピー A POEM A DAY」4月2日からDVDレンタル開始


イ・ジュニョク主演の恋に傷ついた心を治療するメディカルラブコメディ「ラブ・セラピー A POEM A DAY」が2019年4月2日(火)よりTSUTAYA先行でDVDレンタル、2019年4月26日(金)にはDVD発売、2019年3月1日(金)にはTSUTAYA TV先行配信をスタートさせる。



イ・ジュニョク恋愛ジャンルに初挑戦!女心を揺さぶるツンデレ理学療法士に!ライバルはチャン・ドンユン!

天才理学療法士イェ・ジェウク役には「秘密の森~深い闇の向こうに~」「青い鳥の輪舞<ロンド>」のイ・ジュニョク。過去作では生真面目な役や陰のある役を演じることが多かった彼が、本作で恋愛ドラマに初主演!序盤では口癖「忠告します」の一言で周囲を凍りつかせるスーパークールな理学療法士ジェウクを演じ、中盤では猛アタックをしてきたヒロイン・ボヨン(イ・ユビ扮)にいつしか心奪われ、愛をアピールするツンデレジェウクを熱演!恋愛ドラマ初主演とは思えないはまりっぷりに、ロマンス職人と呼ばれたほど。クール大人男子が好きな女性だけに見せる甘い姿にギャップ萌え必至!また、ジェウクとボヨンを取り合う恋のライバルには、「ソロモンの偽証」「ミスター・サンシャイン」など話題作に続々出演し、活躍が目覚しいチャン・ドンユン!本作では、大学時代にボヨンを振ったものの、ボヨンに好意を寄せられているジェウクに嫉妬を覚え、再びボヨンを自分に振り向かせようと奮闘する理学療法士インターンのシン・ミノをフレッシュに好演!

イ・ユビ、「夜を歩く士<ソンビ>」以来3年ぶりの復帰作!

エリート理学療法士ジェウクに片思いをするヒロインのウ・ボヨンを演じるのは「夜を歩く士<ソンビ>」以来、3年ぶりにドラマ復帰を果たしたイ・ユビ!実際に詩が好きだという彼女は、普段から悲しい詩には涙し、時には自分で詩を書いてみることもあるという。また、自分の感情に正直で、周囲との共感を大切にすることも多いというユビは、まさにボヨンそのもの!さらに、理学療法士という職業を完璧に演技するため、病院に見学に行った時に撮影した動画を見ながら練習するなど努力を惜しまず、他の誰かがボヨンを演じるのが想像できないほどボヨンの魅力を最大限に生かしたと賞賛された!恋に仕事に一生懸命な愛らしいヒロイン像を確立し、視聴者の心を掴む!

身近な大学同期生?それとも憧れのエリート理学療法士?ヒロインが最後に選ぶのは!?

理学療法士のボヨンは、大好きな詩に励まされ大変な病院生活を耐えている。そんなボヨンの前に、大学時代に自分を振ったミノが実習生として現れてしまい、気分はどん底に。そんな中、エリート理学療法士のジェウクが赴任してきた!ジェウクに一瞬で心奪われたボヨンは猛アタックを開始!しかし、ジェウクは恋にトラウマを抱えていて・・・。一方、ミノはボヨンをひどく振ったにも関わらず、ジェウクにまっすぐなボヨンが気になってきた様子で―!?不器用な3人の恋の行方はどうなる!?恋に傷ついた心を治療するメディカルラブコメディが誕生!

コメディを多く手掛けている監督×脚本家のタッグ!豪華カメオも見逃せない!

病院が舞台でありながら医者と看護師が主役ではない、韓国初の理学療法士ドラマを手掛けるのは「ブッとび!ヨンエさん」シリーズで視聴者を笑いの渦に巻き込んだ演出ハン・サンジェと脚本ミョン・スヒョンを始めとしたスタッフ陣!「ブッとび!ヨンエさん」で合計8シーズンを一緒に手掛けた演出家と脚本家の息はもちろんぴったり。メディカルドラマでありながらもコメディ要素と感性を刺激する詩をふんだんに取り入れたストーリー展開で、笑いもありつつ、時に視聴者の心を打つ心地よいドラマに仕上がった。また、ヒロインのボヨンを演じたイ・ユビがイ・ユビ本人役として出演し、入院患者役にはハ・ソクジン、思い出の大学生役のパク・チョロン(Apink)など、豪華カメオたちにも注目!

DVD情報


「ラブ・セラピー A POEM A DAY」
2019年4月2日(火)よりTSUTAYA先行でレンタル開始
2019年4月26日(金) DVD-BOX1発売
2019年5月8日(水) DVD-BOX2発売
各15,000円 + 税
発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:ハピネット
※2019年3月1日(金)よりTSUTAYA TVにて配信開始
(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved.
公式サイト:https://culture-pub.jp/apoem/
予告編:


  • もっと!コリア編集部
  • 入力 2019-02-01 12:00:00.0