「ロマンスは別冊付録」3話 イ・ナヨン&イ・ジョンソクがときめきの抱擁

「ロマンスは別冊付録」3話 

イ・ナヨンとイ・ジョンソクが切ない抱擁でエンディングを飾った。

2日に韓国で放送されたtvNの土日ドラマ『ロマンスは別冊付録』(演出イ・ジョンヒョ、脚本チョン・ヒョンジョン)3話では会社で認めてもらうためのカン・ダン(イ・ナヨン)の苦労とチャ・ウンホ(イ・ジョンソク)の切ない本音が明らかになった。酔ってカン・ダニを抱きしめるチャ・ウンホの抱擁は胸キュンのエンディングとなり、2人の関係の変化を知らせた。

この日の放送でチャ・ウンホは過ごす場所のないカン・ダニと期間限定の同居を始めた。

冷たく話したが、屋根裏部屋にあったカン・ダニの荷物を移動させて家具と生活用品まで準備するチャ・ウンホだった。新入社員となったカン・ダニの出版社「キョル」への適応は簡単ではなかった。あちこちを駆け回って努力したが7年間に落ちたセンスはどうにもならなかった。カン・ダニは企画会議に没頭する従業員を見て「私だけが大変だと思って家事をして子どもを育てるあいだ他の人たちもそれぞれの場所で自分に与えられた役割を果たしながら一生懸命生きてていた」と現実を認めた。

だからといって挫折したりはしなかった。すべての従業員が動員された新刊ヘッドコピーのアイデア会議から一人だけ除外されたが、自分もアイデアを出すことを決心したカン・ダニ。勉強をして夜を明かしながらコピーを作成した。しかし、コ・ユソン(キム・ユミ)はカン・ダニのヘッドコピーを自分のもののように発表し、カン・ダニの名前が消えたまま新刊のヘッドコピーが決定した。その過程を知っているチャ・ウンホとソン・ヘリン(チョン・ユジン)も異議を提起した。カン・ダニは寂しくて孤独だった。悲しむ気持ちから家に帰ってきたカン・ダニを慰めたのはチャ・ウンホだった。初挑戦から訪れた試練の前でもカン・ダニは「人々が私の名前を呼ぶ」と幸せそうにした。カン・ダニにとって仕事は存在の証明でもあった。

一方、酒に酔ったチャ・ウンホはカン・ダニの旧家を訪れた。習慣のように酒に酔うとチャ・ウンホの足はいつもカン・ダニの家の前に向かった。遠くから聞こえてくるカン・ダニの笑い声を聞いて、カン・ダニの涙を見ながらも動くことのできなかったチャ・ウンホだったが、今は変わった。チャ・ウンホは心配そうな顔で自分を待っているカン・ダニを暖かく抱きしめて感情を表わした。「もうお酒を飲んでもあの家に行かなくてもいい。カン・ダニが僕の家に住んでいるのだから」というチャ・ウンホの切ない気もちが込められたときめきのエンディングは深い余韻を残して視聴者をときめかせた。

決して容易ではないカン・ダニの苦労は冷たい現実をそのまま見せて共感を抱かせた。カン・ダニは現実を直視して自分の価値を認めてもらおうと努力した。一晩かけて作成したヘッドコピーを奪われた状況でも、自分を励ました。現実を受け入れて自分だけの方法で壁を越えようとするカン・ダニの姿は視聴者の共感を引き出した。応援したくなるカン・ダニの動きが今後さらに期待される理由だ。

カン・ダニに向けたチャ・ウンホの気持ちも少しずつあらわれて好奇心を刺激した。最も近い仲だったが、一歩離れたところでカン・ダニの笑いと涙を見守るしかなかったチャ・ウンホの本音は切なかった。お互いの存在が当たり前だったが、自分の気持ちに気づかなかった2人の関係がどのように変化するのか、成り行きが注目される。

長いあいだ押さえつけてきたチャ・ウンホの本心を繊細ながらもさっぱりと描いたイ・ジョンソクの演技はときめきを誘った。一定の距離感を維持してきたカン・ダニとチャ・ウンホ。抱擁の後の2人の変化が期待を集める。

一方、3話の視聴率はケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォーム視聴率で世帯平均4.4%の最高5.1%を記録した。(有料プラットフォーム全国基準 / ニールセンコリア提供)tvNの土日ドラマ『ロマンスは別冊付録』4話は今日(3日)夜9時に韓国で放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-03 07:56:28