ラ・ユンギョン、50キロ減量の秘訣を公開


コメディアン兼歌手のラ・ユンギョンがダイエットの裏技を公開した。

ラ・ユンギョンは7日に韓国で放送されたSBSの情報番組『良い朝』に出演して50キロの減量に成功した秘訣を紹介しながら熱い関心を集めた。

「太ってから脂肪肝とコレステロールの上昇により痩せなくてはいけない状況になった」とし「その後、毎日運動するようになった」とダイエットを開始した理由を明らかにした。

続いてダイエットの裏技について「食事前におやつを食べる。空腹の時間が長いと後で暴飲暴食することになる」とし「食前に満腹感を感じたら空腹を我慢することができる」と紹介した。また「ご飯は小皿ほどの小さな茶碗で食べる。そして30分以上ゆっくり食べる。お腹がいっぱいになる。ご飯を食べるときに箸でゆっくり食べると満腹感も感じて少なく食べられる」と明らかにした。

ラ・ユンギョンは太った体型を確認するためには「頻繁にぴったりと張り付く服を着てみると分かる。服を見ると、どの部位をダイエットするべきかが見える」と話した。

また、自身のダイエット食を公開したが準備したおやつは、ワイルドマンゴーヨーグルトだった。ラ・ユンギョンはヨーグルトにワイルドマンゴーのエキスを入れておやつとして食べると明かした。

ラ・ユンギョンは1999年、MBCの10期公開採用コメディアンとしてデビューした後、トロット歌手(韓国の演歌歌手)としても活躍した。過去の放送で子供の頃に小児肥満を経験した事実を公開し、安定した管理でダイエットに成功したと打ち明けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-07 10:52:55.0