「BTS生みの親」パン・シヒョク、ビルボードのニューパワージェネレーションに選定


Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表がニューパワージェネレーションに選ばれた。

7日(現地時間)、米国の音楽専門メディアのビルボードは世界の音楽市場をリードする次世代の主役「ニューパワージェネレーション:25トップイノベーター(Meet Music's New Power Generation:25 Top Innovators)」を発表し、パン・シヒョク代表の記事を掲載した。

ビルボードは「作曲家でありプロデューサーのパン・シヒョク代表が結成した防弾少年団が2018年、西欧の大衆音楽にて急浮上した」とし、「『FAKE LOVE』で初めてビルボードのホット100で10位となり、ソーシャル50で111回にわたり1位となってタイム誌のカバーを飾った」と説明した。

また、ビルボードは防弾少年団に対して「韓国アーティストとして初めてビルボード200で2つのアルバムが1位となり、米国で行われた初のスタジアムショーを1時間で完売させた」と伝えた。

パン・シヒョク代表はビルボードを介して「世界的なポップグループにするための特別な戦略は立てなかった」とし「防弾少年団と意見を交わし、水平的に作業している。メンバーたちに彼らの音楽が内面の話から出てくるべきだということを約束した」と明らかにした。

パン・シヒョク代表は昨年5月にはビルボードが発表した「インターナショナルパワープレイヤー(International Power Players)」に選定され、全​​世界の音楽市場を動かすリーダーとして紹介された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-08 14:34:03.0