「最高のチキン」最終回 パク・ソンホ&ソ・ボア&チュ・ウジェが笑顔のハッピーエンド

「最高のチキン」最終回(12話) 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『最高のチキン』がハッピーエンドで最終回を迎えた。

7日に韓国で放送されたMBNドラマ『最高のチキン』最終回でパク・チェゴ(パク・ソンホ)は母親ソ・オスク(キム・ソラ)からフライドチキンのお店を運営することに対する同意を得ることができた。

ソ・ボア(キム・ソヘ)はウェブ漫画作家の夢に再び挑戦、シェフのアンドリュー・カン(チュ・ウジェ)は手の負傷を克服して自立する姿を見せた。

『最高のチキン』はチキン屋を開くことが夢の大企業の社員と祖父から受け継いだ銭湯に隠遁するウェブ漫画作家志望の女の子の成長ストーリーを描いたドラマだ。

若者の成長からロマンスまで、様々な出来事がチキン店で起こる設定で、視聴者の注目を集めた。

また、その成長を通じて勇気と希望のメッセージを伝え、視聴者に感動と共感を送り届けた。

劇中、パク・チェゴとして活躍したパク・ソンホは「パク・チェゴを演技しながら多くの感情を感じて学ぶことができたので、これからもとても感謝するキャラクターとして記憶することになりそうだ。これまで『最高のチキン』を愛してくださって感謝する。だから、今夜はチキンだ!」と個性あふれる感想を伝えた。

  • MBN オンラインニュースチーム / 写真=MBN放送キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-08 15:38:00