イ・シオン「アビス」出演決定…「台本とキャラクターが魅力的」


俳優イ・シオンが『アビス』の出演を確定した。

tvNの新しい月火ドラマ『アビス』は超絶美女の検事とブサイク男子が神秘的な魂を蘇生する玉アビスにより、がらりと変わった外観のブサイク女子とイケメンとしてそれぞれ復活して、こじれた人生と恋を再スタートさせるドラマだ。

イ・シオンは劇中、強行犯罪1チーム所属の刑事パク・ドンチョル役を引き受けて大活躍する。彼は誰よりも男らしいビジュアルを誇るが、愛する女性の前では限りなく小さくなって傷つきやすい純情男で、コメディとカリスマを行き来する自在な演技力で躍動感あふれるキャラクターを誕生させる予定だ。

イ・シオンは最近、ドラマ『プレイヤー』でハッキングのマスターのイム・ビョンミン役を演じ、気が弱い天才ハッカーの姿から、かわいく虚勢を張る姿、現実的な兄弟の姿を見せて変化に富んだ魅力を披露した。

イ・シオンは「お待たせすることなく良い作品で視聴者の方々にお目にかかれることになり嬉しい。時間が経つのを忘れるほど面白い台本と「パク・ドンチョル」というキャラクターに大きな魅力を感じて、本当に出演したかった作品」とし「変わった姿をお見せするために最善を尽くしているので見守っていただきたい」と伝えた。

『アビス』は今年放送される予定だ。
  • MKスポーツ ニューメディアチーム アン・ハナ記者 / 写真=BSカンパニー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-20 11:52:11.0