ソン・フンミン所属のトッテナムがBTSを韓国語で歓迎「ウェルカム」


サッカー選手ソン・フンミン(孫興民)の所属チームであるトッテナムが防弾少年団(BTS)のホームスタジアムでの公演を歓迎した。

トッテナムは20日、公式フェイスブックを通じて「ウェルカム・トゥ・ウェンブリー、BTS!ソン・フンミン選手がいつも素晴らしいゴールを決めて喜ぶここウェンブリー!来る6月1日、また別の大韓民国のスターBTSがこの場所を訪れてコンサートを開きます」という韓国語のコメントを発表した。

一緒に公開された写真の中にはトッテナムのホームスタジアムである英国ウェンブリー・スタジアムの全景と、ソン・フンミン選手の姿がおさめられている。

この日、防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントは公式SNSやファンカフェなどを通じて、スタジアム・ツアーのポスターを公開し、公演の日程を発表した。

今回のツアーは昨年8月にソウルでスタートしたワールド・ツアー「LOVE YOURSELF」の延長線にあるもので、防弾少年団は世界中のスタジアムで公演を行う。

その中のひとつ、トッテナムの本拠地ウェンブリー・スタジアムはロックグループのクイーンが伝説的な公演が行った「ライブ・エイド(LIVE AID)」が開催された場所としても有名だ。映画『ボヘミアン・ラプソディ』を通じて当時の公演の感動が伝えられたばかりだ。防弾少年団は韓国歌手としては初めてウェンブリー・スタジアムで公演を行う。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ウジュ インターン記者 / 写真=スタートゥデイDB、 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-20 15:44:58