取り調べ終え帰宅…V.Iは入隊延期を申請、チョン・ジュニョンは黄金フォン提出


外国人投資家に対する性接待疑惑を受けているグループBIGBANGのV.I(スンリ、本名イ・スンヒョン、29)と女性とのわいせつ行為を盗撮して流布した疑いを受けている歌手兼タレントのチョン・ジュニョン(30)が長い警察での取り調べを終えて15日午前、帰宅した。

前日出頭し、この日の午前6時14分頃に取り調べを終えて出てきたV.Iは取材陣に「誠実に取り調べを終えてきた」とし「今日付けで兵務庁に正式に入隊延期申請をする予定だ。許可してもらえる場合、入隊の日付を延期して最後まで誠実に取り調べを受ける姿を見せる」と明らかにした。

V.Iの弁護士は「売春斡旋容疑を調査中に認めたのか」という質問に「昨日の午後に追加で提起されたスンリさんの疑惑と関連し一昨日、某報道機関からのこのような情報提供を受けたという連絡を受けた」とし「事実関係の確認を求められ、知っているすべてのことを説明し、その報道機関が(情報提供された内容を)記事にしなかったという点を参考にしてほしい」と答えた。

この弁護士は「新たに提起された疑惑については近いうちに立場をまとめて申し上げたい」と明らかにした。

警察はV.Iを相手に外国人投資家のための接待の場を作ったのか、この場に女性を動員したのかを集中的に調査した。

先立って警察はV.Iの性接待疑惑が提起されたカカオトークのチャット内容がメディアを通じて公開されると、内部調査を行ってきた。

同日、わいせつ行為の盗撮と流布の疑いで調査されている歌手チョン・ジュニョン(30)も2​​1時間を超える調査を受けて、この日の午前、帰宅した。

前日の午前10時頃、ソウル地方警察庁に出頭したチョン・ジュニョンはこの日午前7時07分頃に取り調べを終えた。取材陣に「取り調べに誠実に率直に陳述し、いわゆる『黄金フォン』もそのまま提出した」とし「物議をかもして本当に申し訳ない」と話した。

警察はチョン・ジュニョンがシェアした映像が相手の同意を求めていない可能性が高いとみて、その映像が撮影・流布された経緯を集中的に調査したと伝えられた。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 イ・ソング インターン記者
  • 入力 2019-03-15 08:05:37.0