[公式全文] CNBLUE イ・ジョンヒョン「女性を見下して不適切な対話…反省して贖罪」


バンドCNBLUEのイ・ジョンヒョン側がわいせつ行為の盗撮映像を共有した疑惑と関連し、反省して贖罪すると明らかにした。

CNBLUEの所属事務所であるFNCエンターテイメント側は15日、公式資料を通じてイ・ジョンヒョンがチョン・ジュニョンの盗撮映像を共有したという疑惑と関連して立場を明らかにした。

FNCエンターテイメント側の公式立場発表に先立ち、12日にイ・ジョンヒョンと関連して「現在、社会的に物議をかもしている芸能人たちと親交があり、連絡を取り交わすの仲だっただけで、今回の事件と関連がない」との立場を伝えたことと関連して状況を説明した。

所属事務所側は「イ・ジョンヒョンは、このような公式立場を発表する前の12日午後、部隊を訪問した警察の捜査協力要請に応じました」とし「イ・ジョンヒョンは当時、警察が提示したチョン・ジュニョンとの1対1のチャット内容約20件の中には本人の盗撮映像流布はもちろん、不適切な動画の確認および問題になるほどのチャットの内容がなかったことを認知したため、当時の立場を伝えておりました」と説明した。

続いて「イ・ジョンヒョンがずいぶんと前にすでに自らそのチャットルームから退出したため、4~5年前のカカオトークのチャット内容の正確な事実確認が難しい状態で、芸能人の過去の記憶に依存した主張を土台にした立場を伝えるほかありませんでした。事実を隠したり過ちをかばう意図は全くありませんでした」と強調した。

所属事務所側は「14日、SBSの報道後にイ・ジョンヒョンと連絡がついて事実確認を行いました。報道されたようにカカオトークで動画を見たり、女性を見下したり、性と関した不適切な会話を行ったのは非難されて当然のことだと反省しております。しっかりとした性意識を持っているなら、これを傍観しなかったであろう点を悔いております」と伝えた。

それとともに「恥ずかしく、打ちのめされる心情のイ・ジョンヒョンは本人の誤った性道徳と価値観による大衆の指摘を深く受け入れ、深い後悔と自責をしております。公人としてのすべての言動を注意し、反省し、また贖罪いたします」と結んだ。

一方、去る14日、SBS「8ニュース」はイ・ジョンヒョンがチョン・ジュニョン、V.Iなどが参加していたカカオトーク(モバイルメッセンジャー)のグループチャットルームのメンバーの一人だと報道した。報道によるとイ・ジョンヒョンも盗撮された動画を受け取って視聴し、女性をモノのように扱う発言をしたことが知られて物議を醸していた。

以下は、FNCエンターテイメントの立場全文

当社は去る12日の夕方、所属芸能人のイ・ジョンヒョンと関連して「現在、社会的物議をかもしている該当の芸能人たちと親交があり、連絡を取り交わす仲だっただけで今回の事件とは関連がない」という立場を明らかにしております。

軍服務中のイ・ジョンヒョンは、このような公式立場を発表する前の12日午後、部隊を訪問した警察の捜査協力要請に応じました。イ・ジョンヒョンは当時、警察が提示したチョン・ジュニョンとの1対1のチャット内容約20件の中には本人の盗撮映像流布はもちろん、不適切な動画の確認および問題になるほどのチャットの内容がなかったことを認知したため、当時の立場を伝えておりました。

当社はイ・ジョンヒョンがずいぶんと前にすでに自らそのチャットルームから退出したため、4~5年前のカカオトークのチャット内容の正確なファクトチェックが難しい状態で、芸能人の過去の記憶に依存した主張を土台にした立場を伝えるほかありませんでした。事実を隠したり過ちをかばう意図は全くありませんでした。

14日、SBSの報道後にイ・ジョンヒョンと連絡がついて事実確認を行いました。報道されたようにカカオトークで動画を見たり、女性を見下したり、性と関した不適切な会話を行ったのは非難されて当然のことだと反省しております。

しっかりとした性意識を持っているなら、これを傍観しなかったであろう点を悔いております。不道徳で卑猥な会話を罪悪感なく受け答え、傷つけられた方々と大きく失望されたすべての方々に深い謝罪をいたします。

恥ずかしく、打ちのめされる心情のイ・ジョンヒョンは本人の誤った性道徳と価値観による大衆の指摘を深く受け入れ、深い後悔と自責をしております。公人としてのすべての言動を注意し、反省し、また贖罪いたします。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-03-15 11:15:22.0