チャン・グンソク、山火事被災地のため1億ウォンを寄付


俳優チャン・グンソクが江原道の山火事被災地のために1億ウォンを寄付した。

10日、俳優チャン・グンソクが江原道の山火事被災地の復旧のために希望ブリッジ全国災害救護協会に1億ウォンの寄付を伝達、支援の手が必要なところに温もりを伝えた。

4日、江原道の高城郡、束草市、江陵市、東海市、麟蹄郡の一帯では大型の山火事が発生して特別災害地域に宣言された。先立って「2018平昌冬季五輪」、「2018平昌冬季パラリンピック」で江原道の広報大使として積極的に広報活動を繰り広げ、誰よりも江原道への愛情が格別だったチャン・グンソクだからこそ、山火事の被災地復旧と被災者の救済を祈る彼の心がより一層深く感じられる。

それだけでなくチャン・グンソクの国内と海外ファンたちは災害発生直後、公式ホームページなどを通じて自発的に救援活動に参加し、これを見たチャン・グンソクも心を合わせて寄付に参加することになった。ファンはさまざまな方法で協力し、合計6000万ウォン相当の物品と寄付を伝達する予定だ。

加えて11日に1次的に被災者のために米やラーメンなどを提供するために直接束草と古城に向かうという。

これまでチャン・グンソクとファンたちは助けの手が必要なところであれば、いつでも率先して寄付文化の拡散に努めてきた。成熟したファン文化を率いるファンたちとそのようなファンに感謝の気持ちを表現するチャン・グンソクのファンへの愛は健康な相互関係をリードして意味の深い足跡を残している。

チャン・グンソクの所属事務所の関係者は「江原道の広報大使として格別な愛情を持つチャン・グンソクが、今回のニュースに接して誰よりも心を痛めている。一日も早く被災地が復旧されて傷ついた被災者の心にも希望が伝達されることを望んでいる」とし「何よりも自発的に参加してくれたファンにも大変なことがあるたびにいつも心強い援軍になってくれて感謝すると心からの気持ちを伝える」と明らかにした。

このように、暖かい心を分かち合うチャン・グンソクと正しいファン文化を率いるチャン・グンソクのファンは良い影響を広げる活動を共にしている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-04-10 16:04:46.0