緊急記者会見パク・ユチョン「死にたいとも考えたが決して麻薬はしていない」


歌手兼俳優のパク・ユチョンがファン・ハナに麻薬を勧めたという疑惑と関連し、10日午後に記者会見を開いて疑惑を否認した。

この日、パク・ユチョンは「この場に来るまで多くの考えや悩みがあった。非常に大変な時間だった。しかし勇気を出して決心したのは私のすべてを直接正直に申し上げることが正しいと思ったから」と打ち明けた。

続いて彼は「私はうつ病の治療を受けていた。しばらく長期にわたり捜査を受け、法的に無嫌疑が決定したものの、社会的叱責と道徳的罪悪感、羞恥心により痛みを伴う時間を過ごした。自粛して反省したら再スタートできると考えたりもしたが、死んでしまいたいという思いに捕われもした」と大変だった時間を回想した。

また「私は決して麻薬に手を出していない。報道を通じてファン・ハナが薬物捜査において芸能人を挙げており、麻薬を勧めたと誤解されるのではと考えて怖かった。私は麻薬をしていないのに麻薬をする人になるのではと思った。しかし、私は決して麻薬をしていないため、捜査機関から取り調べを受けたとしても私が直接お話したかった」と記者会見を自ら要望した理由を明らかにした。

パク・ユチョンは「昨年初めにファン・ハナと決別した。別れた後、ファン・ハナによる脅迫に苦しめられたが、私が苦しんでいた2017年に私のそばで私を好きになってくれた人だから、責任感もあったし申し訳ない気持ちが大きかった。だから別れた後、突然連絡をしてきたり、訪ねてくると謝罪をして心を落ち着かせようとした。そんな時には苦痛だったし、睡眠薬を飲んで眠ることが多かった」と伝えた。

続いて「ファン・ハナも睡眠薬を服用していると知っている。ファン・ハナが別れた後にうつ病がひどくなったと私を恨んだりもした。かわいそうだとも思ったが、私は麻薬をしたこともなく、勧誘したこともない。これまでの私のすべての努力が水の泡となるような麻薬をするということは想像もできない」と明らかにした。

パク・ユチョンは「警察署に行って誠実に取り調べを受ける」とし「私がこの場に出た理由は疑いが認められた場合、芸能人パク・ユチョンとして活動を中断することを越えて、私の人生そのものが中断されることから、切迫した心情で、この場にきた」と心境を告白した。

先立って去る4日、麻薬投薬の疑いで逮捕されたファン・ハナは警察の取り調べで「2015年に初めてヒロポンを投薬し、その後3年間投与していなかったが、昨年末から最近まで芸能人の知人Aの勧めで再び麻薬をした」とし「ヒロポンをやめたかったがAの強要で続けた」と主張した。

これにファン・ハナが言及した「芸能人Aさん」について関心が集中し、一部では元恋人であり婚約者だったパク・ユチョンが「芸能人A」なのではないかという推測がされていた。

一方、警察はファン・ハナが自身に薬物を勧めたと主張した芸能人Aさんを立件し、ここ1年間の通話履歴や位置情報などを確保するために通信令状を申請した状態だ。現在Aは国内に留まっており、まだ呼び出し日程は決まっていないことが分かった。



  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-04-10 18:07:45.0