パク・ユチョンは無実主張、ファン・ハナは「一緒に使用した」


グループJYJのパク・ユチョンと南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナが麻薬投薬と関連して食い違った立場を見せている。ファン・ハナはパク・ユチョンと一緒に使用したと主張しているが、パク・ユチョンは無実を主張している立場だ。

パク・ユチョンは去る10日、記者会見を開き「ファン・ハナの芸能人Aさん」として自分が言及されていることに対する立場を明らかにした。

2015年5月~6月と9月、今年2~3月にソウルの自宅などで数回にわたってヒロポンを使用して昨年4月に向精神薬であるクロナゼパムの成分が含まれている薬品2つを違法に服用した疑いを受けているファン・ハナは4日、盆唐ソウル大学病院の精神科閉鎖病棟に入院していたところを警察に逮捕されて取り調べを受け、6日に拘束された。

ファン・ハナの取り調べの過程で「2015年に初めてヒロポンを使用し、以後3年間使用していたが、昨年末から最近まで芸能人Aさんの誘いで再び始めることになった。Aさんが眠っている私に強制的に(麻薬を)投与したりした」と明らかにしていることが分かった。

これにパク・ユチョンは、ファン・ハナが言及している芸能人Aさんなのではという疑惑を受けてきた。この日、パク・ユチョンは「私は決して麻薬に手を出していない」と潔白を主張した。続いて「報道を通じてファン・ハナが麻薬捜査で芸能人を挙げており、麻薬を勧めたという話を見ながら、私が誤解を受けるるのではと怖かった。私は決して麻薬をしていないのに麻薬をした人になるのではと恐怖に苦しんだ。そうではないともがいても、そうならざるを得ないという恐怖を感じた」と悔しい気持ちを表わした。

パク・ユチョンは「ファン・ハナとは昨年初めに別れる決心をし、決別した。決別後、私はファン・ハナの脅迫に苦しめられた」とし「ファン・ハナが私の前で麻薬の前科があるとか、違法な薬を服用中であるという話をしたこともない。私は麻薬をしたこともなく、勧誘したこともない」と主張した。

また「この場に立った理由は関連する疑いが認められれば、芸能人パク・ユチョンの活動停止を越えて、私の人生のすべてのことがストップするからだ。それだけ切迫した気持ちだ」と麻薬疑惑について強く否定した。

しかし、無実だというパク・ユチョンの主張とは異なり、この日SBS「8ニュース」報道によると警察はパク・ユチョンを被疑者として立件し、捜査をする予定だ。

警察はファン・ハナと周辺人物の供述など、パク・ユチョンの麻薬投薬の状況をかなりの部分確保している。警察は9日、通信令状を申請しファン・ハナがパク・ユチョンと一緒に麻薬を投薬したと明らかにした場所周辺の監視カメラ映像を確保して確認する計画だ。また日程を調整してパク・ユチョンを呼び出す予定だと伝えられた。

麻薬の使用を巡って2人の立場が対立しているなかで、誰の言葉が真実なのか捜査の行方に注目が集まっている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2019-04-11 07:30:23.0