パク・ユチョン、立件されるもファンの支持堅く「公正な捜査を」


歌手兼俳優パク・ユチョンが薬物疑惑を受けている中で、ファンが支持声明を発表した。

韓国のオンラインコミュニティ、DCインサイドのパク・ユチョンギャラリーのファンは11日、声明を公開して「過去に数々のつらい時間を経験し、今再び立ち上がろうとする彼に再びこのような試練が降りかかり、ファンの立場としてあまりにもつらく悲しい心情」とし「まだファンは彼を応援して支持しているという立場を表明する」と明らかにした。

続いて「パク・ユチョン個人の人権が深刻に侵害されないことを願って、適法な手続きによって公正な捜査が行われることを強く要求する」と付け加えた。

パク・ユチョンの元恋人であるファン・ハナが麻薬容疑で立件、警察の取り調べを受けているなかで「2015年に初めてヒロポンを使用し、以後3年間絶っていたが昨年末から最近まで、芸能人Aさんの誘いで再び使用を始めた。Aさんが眠っている私に強制的に(麻薬を)投与した」と供述したことが分かった。これにファン・ハナの恋人だったパク・ユチョンが芸能人Aなのではないかという疑惑を受けた。パク・ユチョンは10日に記者会見を開き「私は決して麻薬をしていない」と潔白を主張した。

しかし、警察はパク・ユチョンを被疑者の身分で立件し、薬物投与疑惑と関連した捜査を進めている。警察はファン・ハナの周辺人物の供述など、パク・ユチョンの麻薬投与の状況をかなりの部分確保しているという。警察は9日、通信令状を申請してファン・ハナがパク・ユチョンと一緒に麻薬を投薬したと明らかにした場所の周辺監視カメラを確保して確認する計画だ。また日程を調整してパク・ユチョンに出頭を命じる予定だと伝えられた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2019-04-11 14:22:10.0