イ・グクジュ、食べ残しチャンポンに禁断症状「どうして残したの」


コメディアンのイ・グクジュが食べ残しのチャンポンを見て禁断症状を訴えた。

イ・グクジュは11日、自身のインスタグラムに#最後にチャンポンを食べてから10日目 #禁断症状 #最愛のメニュー #コビク会議室前 #誰かが食べたみたい #なぜ残したのなどのハッシュタグと一緒に一枚の写真を公開した。

公開された写真の中のイ・グクジュはtvNの『コメディビッグリーグ』の会議室の前の階段に座っている。

イ・グクジュは今春はやっている青色のプリーツスカートにトレーニングウェアの上着で悲しい表情で座り込み、誰かが食べ残したチャンポンを見つめている。

写真を見た歌手のJunggigoは「人類の愛と慈悲は小麦粉から始まった感情だよ」とコメントして、ネットユーザーを爆笑させた。

ネットユーザーたちは「世界が変わると思います。痩せたら」、 「ダイエット、必ず成功して」、 「よくやってる。よく我慢している」、「信じてる」とイ・グクジュを応援した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ユ・リム インターン記者
  • 入力 2019-04-11 16:14:17.0