T-ARAジヨン、5年ぶりにドラマ出演


T-ARAのジヨンが5年ぶりにドラマに出演する。

所属事務所によるとジヨンは最近、KBSの月火ドラマ『君の歌を聴かせて』への出演を確定して、本格的な撮影準備に突入した。

『君の歌を聴かせて』は殺人事件があった「その日」の記憶をすべて失ったティンパニストが、怪しい音痴な男と出会い、失われた真実を探していくミステリーロマンスだ。先立ってキム・セジョンとソン・ジェリム、ヨン・ウジンが出演を決めて、ジヨンも出演を確定してドラマへの関心が集まっている。

ジヨンは劇中、オーケストラの第2バイオリニストで、才能と華やかな外観、弾ける魅力を持っており、男性たちの賛辞を受けるハ・ウンジュ役を演じる。特に劇中、事件の解決の鍵を握っている人物として強烈な存在感を見せる予定だ。

2009年、T-ARAとして歌謡界にデビューしたジヨンは同年、MBCドラマ『紅の魂~私の中のあなた~』を皮切りに映画やドラマに出演してアイドルに続いて演技者としての地位も固めた。

ジヨンは2014年『トライアングル』以来、5年ぶりのドラマ出演を知らせて多くのファンたちの期待を集めており、ジヨンが選択した『君の歌を聴かせて』が俳優として新しい姿を見せることができる人生の代表作になるのかが注目される。

一方、『君の歌を聴かせて』は教保文庫の独占連載館招待展当選作『寝かせてあげます』を原作とするドラマだ。キム・ミンジュ作家が台本を、イ・ジョンミPDが演出を引き受けた。 韓国で7月に初放送。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-04-15 10:19:18.0