ク・ハラの元恋人チェ・ジョンボム、容疑のほとんどを否認


性暴力犯罪処罰などに関する特例法違反(カメラ等利用撮影)と脅迫の疑いで起訴された、グループKARA出身ク・ハラ(28)の元恋人チェ・ジョンボム(28)が初公判で自身の容疑のほとんどを否認した。

ソウル中央地裁刑事20単独オ・ドクシク部長判事の審理で18日、性暴力犯罪処罰などに関する特例法違反(カメラ等利用撮影)と脅迫の疑いで起訴されたチェ・ジョンボムの初公判期日が開かれた。チェ・ジョンボムと弁護人が出席した。

検察はチェ・ジョンボムに対して、傷害、脅迫、強要、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法(性暴力処罰法)、財物損壊など5つの容疑を適用した。

検察はチェ・ジョンボムがク・ハラを暴行して、頚椎と腰椎などに傷害を負わせたと判断、チェ・ジョンボムがク・ハラにプライベートな動画を送った部分は脅迫に該当すると判断した。またチェ・ジョンボムがク・ハラに前所属事務所代表や知人を連れてきて、ひざまずいて謝罪しろと要求したことは強要罪に該当すると判断した。

チェ・ジョンボムから押収した電子機器からク・ハラの同意なしに撮った写真が発見され、チェ・ジョンボムに性暴力処罰法(カメラなど利用撮影)違反の疑いと共に、ク・ハラの家の扉を破損した疑い(器物損壊)も適用された。

これと関連しチェ・ジョンボム側の弁護人は「器物損壊については認めて反省するが、残りの公訴事実についてはすべて否定する」という立場を明らかにした。性暴力処罰法違反と関連しては、ク氏の意思に反して撮影したものではなく写真も性的羞恥心を誘発する写真ではないと主張した。また「傷害の疑いについては防御をする過程で起きたことであり、脅迫部分については性関係の動画を口実にク氏に害悪を告知したことがない」と明らかにした。強要容疑も否認した。

また、チェ・ジョンボムの弁護人は裁判の末尾、「被告人は自身の疑いと関連して警察の取り調べなどを通じて携帯電話やノートパソコンが没収され、捜査に同意した」とし「被告人は自身の生業のために携帯電話やノートパソコンに保存された資料が非常に必要な状況だ」と明らかにし、チェ・ジョンボムの携帯電話やノートパソコンの仮還付を申請をするという意思を明らかにした。

裁判部は検察の申請に基づいてク・ハラとク・ハラの同居人、前所属会社代表を証人として採択して法廷に呼ぶことにした。裁判部は「証人尋問時には証人が3人出席するため時間がかかる可能性がある。できるだけ早く整理できるように準備してほしい」と伝え、次の期日を5月30日に指定した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-18 11:02:44