「チョン・ジュニョンのチャットメンバーから集団性的暴行」主張の女性が登場


歌手のチョン・ジュニョンやチェ・ジョンフンなどから集団で性的暴行を加えられたと主張する女性が登場した。これにより「チョン・ジュニョンのグループチャット」事件が強行犯罪事件へと拡大する見込みだ。

18日、SBS FunEはチョン・ジュニョンとFTISLANDの元メンバーのチェ・ジョンフンなど「チョン・ジュニョンのグループチャット」に登場する5人から集団で性的暴行を加えられたと主張する女性が、彼らを相手に19日、訴状を提出する予定だと報道した。

報道によると被害女性Aさんは最近「チョン・ジュニョンのグループチャット」事件報道後、グループチャットに流布された音声ファイルや写真、彼らの会話などを通じて自身が彼らから性的暴行を加えられたという事実を一歩遅れて認知して告訴を準備してきたと伝えられた。

このメディアは「Aさんは2016年3月、チョン・ジュニョンのファンサイン会をきっかけにチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフン、バーニングサンのスタッフK、YGエンターテイメント元従業員のH、起業家のPと一緒にお酒を飲んだ後に記憶を失い、次の日の朝に気がついたときには服がすべて脱がされたままホテルのベッドに横たわっていたと主張した」と伝えた。当時は驚いて状況を把握できないままホテルを抜け出したが、最近のグループチャットについての報道後に真相の把握を始め、当時の全貌を確認することになったという。

「チョン・ジュニョンのグループチャット」の対話の中には性的暴行が疑われるやり取りが確認されていたものの、特定の被害者が登場したのは今回が初めてだ。警察はAさんの告訴状が受理され次第、本格的な捜査に着手する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-04-18 16:47:55