BTSの新アルバム、初週の売上枚数213万枚突破…自己最高を更新


グループ防弾少年団が『MAP OF THE SOUL : PERSONA』にて、たった1週間で販売量200万枚を超える新記録を打ち立てた。

19日、アルバム販売量集計サイトのHANTEOチャートによると、去る12日に発売された防弾少年団のミニアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』は発売から一週間(4月12日~18日)のあいだに合計213万480枚の売上枚数を記録した。

これは防弾少年団のアルバム史上、初週最多の売上枚数だ。昨年5月に発売した3枚目のフルアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』が記録した初週100万3524枚(5月18日~24日)の二倍以上だ。

先立って防弾少年団は3月に『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の予約注文をスタート、わずか5日で予約注文268万5030枚を記録して話題を集めたりもした。

このアルバムは4月12日の発売直後、韓国のすべての音源サイトで1位となり、全世界86の国と地域のiTunesトップアルバムチャートで1位になった。続いて世界最大の音楽ストリーミングサービスのSpotifyで収録曲全曲が韓国歌手としては初めて「グローバルトップ200」に進入し、タイトル曲『Boy With Luv (feat. Halsey)』は「グローバルトップ200」チャートで3位、アメリカのトップ200で4位となり、韓国の歌手最高記録を立てた。

米国ビルボードと英国オフィシャルチャートは発売直後、世界的な記録を作っている防弾少年団の新しいアルバムが「ビルボード200」と「オフィシャルアルバムチャート」でそれぞれ1位になると報じた。

一方、防弾少年団は去る18日、Mnet『M COUNTDOWN』で韓国初のカムバックパフォーマンスを繰り広げ、19日にKBS2『ミュージックバンク』、20日にMBC『ショー!音楽中心』、21日にSBS『人気歌謡』を通じてカムバックステージを披露する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-04-19 08:38:54