キム・ナムギル、「熱血司祭」最終回控えて挨拶「大きな愛に感謝」


『熱血司祭』のキム・ナムギルが最終回の放送を控えて、感想を明らかにした。

20日に最終回を迎えるSBSの金土ドラマ『熱血司祭』(脚本パク・ジェボム、演出イ・ミョンウ)は怒りっぽいカトリックの司祭キム・ナムギルと頑固刑事のキム・ソンギュンが殺人事件の協力捜査を行うというエクストリームコメディ捜査ドラマだ。作品でキム・ナムギルは世界と社会に怒れる、熱い神父のキム・ヘイルに扮して正義と現実の間で悩むキャラクターをさまざまな顔で描き出して視聴者たちの大きな好評を得た。

これに最終回の放送を控えて彼は「かけがえのない大きな愛を送ってくださった視聴者の方々に感謝します。おかげでみんなで一緒にこの旅をしっかりと終えることができそうです。長いといえば長く、短いといえば短いこの期間のあいだに一緒に激しく努力して共感し、より良い結果を得ることができたようです」と伝えた。

続いて「正義が何なのか、私たちがどのように正しい方向に流れなければならないのか、キム・ヘイルを通じて重くなく愉快に表現することができて楽しく、やりがいのある瞬間でした。ご覧になる方々も皆さん最後まで私達の勇気と慰めに思う存分ヒーリングされてください」と感想を明らかにした。

過去の放送で視聴率20%の壁を破ると同時に再び自己最高視聴率を記録、2019年に放送されたSBSドラマの中で最高記録を打ち立てており、俳優キム・ナムギルのパワーを立証した。彼が果たして悪の根元まで引き抜いてハッピーエンドを迎えるのかが関心を集めている。

一方、『熱血司祭』は毎週金曜日と土曜日の午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-04-19 11:49:40