Suran、乳がん告白後の応援に感謝「勇気もらった、明るく前進したい」


歌手Suranが乳がん闘病の事実を告白した後の心境を明らかにした。

Suranは19日、自身のインスタグラムに長文のコメントを掲載した。Suranは「多くの方々が応援してくれて驚いています。ありがとうございます。このような話をする機会があったことに感謝するほど。送ってくださった応援に力が湧き、より大きな勇気が生まれるようです!」と応援に感謝するコメントを伝えた。

Suranは16日に韓国で放送されたMBC every1のトーク番組『ビデオスター』に出演して4年前に乳がんの手術で片方の胸を切除したと告白し、多くの応援を受けた。

Suranは「実は最近、率直な人生を生きたくて練習中です。不足していてもワンステップ、ワンステップ音楽と私の人生を作って行くのが楽しくて満たされます」と近況を知らせた。

Suranは「私の心はある程度、淡々としてきましたが、私の告白が誰かにとって勇気となり慰めになったというのが不思議で感動です。少し余計な話だったかなと心配する気持ちもあったので」と告白し、当時の気持ちを伝えた。

また「もう少し応援して抱きしめてくれる世界になることを願いながら、今後もより明るくに前に向かってコツコツと乗り越えていく、音楽をするSuranになります」と決意した。

公開された写真の中のSuranは美しい姿を誇って明るく微笑んでいる。銀色のヘアスタイルが神秘的な雰囲気を加える。

ネットユーザーたちはSuranの決意に「いつも笑顔でありますように」、「がんばってください」、「いつもありがとう」、「可愛くてきれい」、「ファイティン」などSuranを応援した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ユ・リム インターン記者
  • 入力 2019-04-19 15:18:46