BTS、英国「オフィシャル・アルバムチャート・トップ100」で1位


グループ防弾少年団(BTS)が韓国歌手としては初めて英国オフィシャルアルバムチャートのトップに輝いた。

19日(現地時間)、英国オフィシャルチャートによると防弾少年団は12日、全世界同時発売された新しいアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』で「オフィシャル・アルバムチャート・トップ100(Official Albums Chart Top 100)」で1位を記録した。

このアルバムのタイトル曲『Boy With Luv (feat. Halsey)』は「オフィシャル・シングルチャート・トップ100(Official Singles Chart Top 100)」で13位を記録した。

これにより防弾少年団は韓国の歌手としては史上初めて英国オフィシャルのメインアルバムチャートと呼ばれる「オフィシャル・アルバムチャート・トップ100」で1位となった。

「オフィシャル・シングルチャート・トップ100」では、昨年『IDOL』で記録した韓国グループ最高記録(21位)を自ら更新した。

また、『MAP OF THE SOUL : PERSONA』は「オフィシャル・アルバムチャート・トップ100」の1位はもちろん、「オフィシャル・アルバムチャート・アップデートトップ100」1位、「オフィシャル・アルバム・セールスチャート・トップ100」1位、「オフィシャル・フィジカルアルバムチャート・トップ100」1位、「オフィシャル・スコティッシュアルバムチャート・トップ100」1位、「オフィシャル・アルバムダウンロードチャート・トップ100」2位、「オフィシャル・アイリッシュアルバムチャート・トップ50」6位、「オフィシャル・アルバムストリーミングチャート・トップ100」8位など、5つの部門で1位となる新記録を立てた。

オフィシャル・シングルチャートでタイトル曲『Boy With Luv』は「オフィシャル・シングルチャート・トップ100」および「オフィシャル・シングルチャート・トップ40」13位をはじめ、「オフィシャル・シングルチャート・アップデート・トップ100」8位、「オフィシャル・シングルセールスチャート・トップ100」9位、「オフィシャル・シングルダウンロードチャート・トップ100」9位、「オフィシャル・オーディオストリーミングチャート・トップ100」18位、「オフィシャル・スコティッシュシングルセールスチャート・トップ100」14位、「オフィシャル・アイリッシュシングルチャート・トップ50」14位など、8部門のシングルチャートで高い順位を記録した。

他にも多くの収録曲がシングルチャートの上位にチャートインした。

『Make It Right』と『Mikrokosmos』、『HOME』、『Dionysus』は「オフィシャル・シングルチャート・トップ100」と「オフィシャル・シングルチャート・アップデートトップ100」、「オフィシャル・シングルセールスチャート・トップ100」、「オフィシャル・シングルダウンロードチャート・トップ100」、「オフィシャル・スコティッシュシングルセールスチャート・トップ100」にランクインした。

この日、英国オフィシャルチャートは「防弾少年団が『MAP OF THE SOUL : PERSONA』で韓国歌手初となるオフィシャル・アルバムチャートで1位を記録した」と報道した。続いて「このアルバムは防弾少年団の「LOVE YOURSELF」シリーズの3枚のアルバムに続いて、歴代4番目にオフィシャル・アルバムチャートのトップ40に入った」と明らかにした。

一方、防弾少年団は去る19日、KBS2『ミュージックバンク』で国内カムバックと同時に1位となり、20日にMBC『ショー!音楽中心』、21日にSBS『人気歌謡』を通じてカムバック活動を続ける。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-04-20 09:25:45