コ・アラ、車椅子に乗ってドラマ撮影終了「助けていただき感謝」


コ・アラが『獬豸』が最終回を迎える所感を明らかにした。

コ・アラは30日、インスタグラムに「ギブスをした足、ぐるぐるに包んで撮影を無事に終了しました。助けてくださった『獬豸』チーム、すべてのスタッフの方々に心から感謝します。みなさん健康で幸せに」というコメントと共に写真を公開した。

写真にはコ・アラが車椅子に座っている姿がおさめられている。コ・アラの後ろには松葉杖が立てかけられている。

先立ってコ・アラは7日、SBSの月火ドラマ『獬豸』の撮影中、走るシーンを撮影していて転倒し足首を負傷した。検査の結果、左足首の靭帯破裂を診断された。コ・アラは負傷から9日後の16日に撮影に復帰して、最後まで撮影に臨んだ。

一方、コ・アラが出演した『獬豸』は今日(30日)午後10時に韓国で最終回が放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=コ・アラSNS
  • 入力 2019-04-30 17:35:06.0