EXIDハニとジョンファ、現事務所と契約更新せず


グループEXIDのハニとジョンファが所属事務所を去る。

バナナカルチャーエンターテイメント側は3日、EXIDの再契約と関連して「メンバーのソルジとLE、ヘリンは当社と共にしたいという信頼をもとに再契約を締結し、ハニとジョンファは会社との深い話し合いの末、双方が合意して2019年5月末の専属契約終了後に各自の目標のため、新しい所属事務所を見つける予定」と明らかにした。

また所属事務所側は「当社と再契約を締結した3人のメンバーは当分のあいだ個人活動を中心に活動する予定」とし「ソルジとLEはそれぞれ優れたボーカルの実力とラップの実力、プロデューシング能力を生かし、今後ソロ歌手としての活動を準備しており、ヘリンは多才な魅力と好感度の高いイメージを活かして様々な放送や音楽活動を考えている」と明らかにした。

それとともに所属事務所側は「EXIDは当社にとっても重要なグループであることはもちろん、ファンの皆さんにとっても大切なグループであることを認知しているため、チーム解散は考えていない。

メンバーたちもグループの解散ではなく転換期を迎え、新たな挑戦を準備しており、今後、再び活動するための方法を一緒に講じている」と強調した。

続いて「当社はソルジ、LE、ヘリンの安定的な個人活動のための囲いといて万全を尽くし、3人のメンバーがさらに活発に様々な活動を行うことができるよう、今後も全面的な支援を惜しまない」とし「現所属事務所から離れるハニとジョンファにも深い感謝の気持ちを伝えて正式な契約は終わるが、今後ハニとジョンファが歩いて行く道を心から応援する」と付け加えた。

EXIDは2012年にデビューした。『UP&DOWN』などのヒット曲で多くの愛を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 / 写真=スタートゥデイDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-03 07:49:42.0