SJキュヒョンが「SEOUL JAZZ FESTIVAL 2019」にラインナップ


SUPER JUNIORのキュヒョンが「SEOUL JAZZ FESTIVAL 2019」で暖かい春の感性を伝える。

キュヒョンは来る25日と26日の両日、ソウル市松坡区オリンピック公園で開かれる「SEOUL JAZZ FESTIVAL 2019」に初日ラインナップでの出演を確定した。7日に招集解除を控えたキュヒョンが歌手として舞台に立つ最初の舞台になる見込みだ。

今回の「SEOUL JAZZ FESTIVAL 2019」にはキュヒョンの感性バラード舞台を含め、ウィントン・マルサリス、オマーラ・ポルトゥオンド、ピンク・マルティーニ、トミー・エマニュエルなどのジャズの巨匠たちと、クリーン・バンディット、アーロー・ブラック、Fitz & The Tantrums、Lauv、Leon Bridges、ジュリア・マイケルズなどのグローバルアーティストの初来韓舞台も用意されている。

先立ってキュヒョンはSUPER JUNIORのグループ、ユニット活動とソロ活動はもちろんのこと、MBC『ラジオスター』、tvN『新西遊記』など様々なバラエティ番組で活躍したことがあり招集解除後の活動にも注目が集まっている。

キュヒョンは19日、慶煕大学平和の殿堂でファンミーティングを開催してファンと会う。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-05-03 11:02:49.0