EXID、日本では来年まで5人で活動


グループEXIDが今月末に完全体での活動に幕を下ろすが、日本での活動は1年間にわたり5人で行う。

EXIDの所属事務所バナナカルチャーエンターテイメントは8日、「前回お伝えしたように今月末を起点にEXIDのメンバーソルジとLE、ヘリンは当社と再契約を締結し、ハニとジョンファは専属契約が終了するが、今後1年間にわたるEXIDの日本での活動は変わらず5人のメンバーで進行される予定だ」と明らかにした。

続いて「また8月11日から始まるEXIDの日本ツアー「2019 EXID Summer Live Tour」もメンバーの変動なしにソルジ、LE、ヘリン、ハニ、ジョンファの5人のメンバーで活動する予定だ」と明らかにした。

韓国内の専属契約と異なる、日本で結んだ従来の契約に基づく決定だ。

所属事務所は「当社は今後、メンバーの個人活動に加え、団体での活動にも全面的な支援を惜しまない」とし「すぐに新曲『ME&YOU」でカムバックするEXIDに多くの関心を持っていただき、加えてEXID5人のメンバー全員に暖かい激励と応援を送ってほしい」と付け加えた。

先立って所属事務所側はハニ、ジョンファとの専属契約終了のニュースを明らかにしながらも「EXIDはチーム解散だとは考えていない。メンバーたちもグループ解散ではなく、転換期を迎えて新たな挑戦を準備しており、今後、再活動を行うための方法を一緒に講じている」と伝えていた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-05-08 09:49:29