パク・ヘミ、ファン・ミンと離婚へ…結婚生活25年でピリオド


パク・ヘミ(55)がファン・ミン(46)と離婚し、25年の結婚生活にピリオドを打った。

パク・ヘミ側のソン・サンヨプ弁護士は14日、毎日経済スタートゥデイに「去る10日にパク・ヘミとファン・ミンが協議離婚に合意をしたのは事実だ。両者は円満に協議離婚することを決めた。そのほかの詳細は明らかにしないことで合意した」と明らかにした。

先立ってファン・ミンは昨年8月に飲酒状態で運転をして貨物トラックに追突する事故を起こした。当時、車に同乗していた公演団体所属のインターンであり大学生のAさん(20・女)と俳優ユ・デソンさん(33)が死亡した。ファン・ミンは2人を死亡させた疑い(特定犯罪加重処罰法上の危険運転致死傷の疑い)で昨年12月に1審で懲役4年6カ月の実刑を宣告されて服役中だ。ファン・ミンと検察が控訴して現在、ファン・ミンの控訴審が進行中だ。

パク・ヘミは当時、夫ファン・ミンの事故について「道義的責任は果たすことができなかったが、決して忘れず、当然責任を負うつもりだ。重ねて謝罪し、申し訳ない気持ちを伝える」と伝えた。

以後、ファン・ミンは令状実質審査に出頭して取材陣の前で「大切な命が失われることになり、遺族にも申し訳ない。被害者の方々にも申し訳ないと申し上げる」と話し、事件の後からパク・ヘミとは連絡を交わしていないという事実に言及、「事故の後、妻に一度も会えなかった。家に入れてもらえなかった。パク・ヘミさんに伝えたいことは弁護士に伝えることが正しいようだ」と説明した。

ファン・ミンはパク・ヘミのこのような行動について「妻と25年を生きた。嬉しいときだけ家族であれば、私にはこの事件後から家族がいないようだ」と悔しがる姿を見せた。パク・ヘミは、このようなファン・ミンの反応にチャンネルAとのインタビューで「夫が空しさを吐露したと聞いたが、あきれている。子供のようだと思った。すべてを私に解決してもらう人生を生きた人のようだ」と話した。

結局、2人は離婚という結論に至った。

パク・ヘミとファン・ミンは1993年に作品を通じて初めて出会い、1995年に結婚した。パク・ヘミは1988年にイムさんと結婚したが、1994年に生活苦などを理由に離婚した。当時6歳の息子がいたが、パク・ヘミが養育、ファン・ミンと再婚した後にも一緒に暮らしていた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-05-14 11:03:19