チェ・ジョンフンが送検 集団性暴行の容疑で


集団性暴行に加担した疑いを受けているバンドFTISLAND出身のチェ・ジョンフンが送検された。

16日、ソウル地方警察庁によるとチェ・ジョンフンはこの日午前、性暴行犯罪の処罰などに関する法律違反(特殊準強姦)の疑いで拘束されたチェ・ジョンフンを起訴意見で検察に送致した。

チェ・ジョンフンは去る2016年1月に江原道の洪川、3月に大邱などでチョン・ジュニョンなどのグループチャットのメンバーと集団性暴行を加えた疑いを受けている。

チェ・ジョンフンは「酒を飲んだのは確かだが、わいせつ行為はなかった」と容疑を否定し続けている。

しかし、裁判所は「犯罪の疑いが釈明され、証拠隠滅の恐れがある」と拘束令状を発行した。

チェ・ジョンフンと拘束された非芸能人のクォンさんもこの日、送検された。クォンさんは有名女性アイドルグループのメンバーの兄として知られており、チョン・ジュニョンのグループチャットのメンバーだった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-05-16 08:57:16.0