2PMテギョンが除隊「早くメンバーと集まって素敵な姿を見せたい」


2PMのテギョン(オク・テギョン)が16日、転役した。

テギョンはこの日午前、京畿道高陽市にある白馬部隊にて約20カ月の現役服務を終えて満期で除隊した。テギョンは部隊近くの白馬会館前で転役を祝うために集まった400人余りのファンの前で熱い転役申告を行った。

テギョンは「今朝も起床ラッパを聞いたからか(転役する)実感が沸かない」とし「明日の朝、起床ラッパの代わりにアラームを聞けば実感が沸きそうだ」と話した。

2PMデビュー当時、米国永住者だったテギョンは永住権を放棄し、軍服務への強い意志を明らかにした。身体検査で椎間板ヘルニアにより代替服務判定を受けたにもかかわらず、手術や治療を終えて2017年9月4日に志願入隊して白馬新兵教育大隊で助教として服務してきた。

服務中に撮られた写真が話題になりついて「キャプテン・コリア」というニックネームについてテギョンは「聞いたことはある。感謝している」と言いながらも「とてもプレッシャーになるニックネームだ」と率直に打ち明けた。彼は「運動をたくさんしていた当時に写真を撮られ、そのようなニックネームがついたようだ」とし「名前にふさわしくなるよう、さらに努力するようにする」と謙遜した。

テギョンは「個人的に軍服やユニフォーム、スーツがよく似合うと考えている。ファンもそう思っているようだ」とし「この軍服を脱いで、他の服を着ているところを見せたい」と活動への意志を見せた。

特に彼は「軍が体質に合っているようだという言葉を本当にたくさん聞いた。先輩、戦友たちが体質だと言ってくる」としながらも「そうではないことを望む。早く兵士のオーラを脱ぎたい」と冗談を言った。

テギョンは服務期間中に様々な兵営活動に乗り出すなど誠実な服務を認められ、最近、兵務庁から模範兵士表彰を受けた。彼は「私と一緒に働いていた多くの部隊員が助けてくれたからのようだ。私は普通に過ごしていただけなのに模範になった」と照れた。

軍服務中、JYPエンターテイメントと契約が満了となり、51Kと新しく専属契約を結んだテギョンだが、2PMのメンバーたちに対する愛情は相変わらずだった。彼は「メンバー2人が軍隊にいるため連絡を別途できなかった。後でニックンと会う。チャンソンにも会う約束をした。メンバーが頻繁に(面会に)来た。ジュノはドラマとツアーであまりにも忙しく、一度も来なかった」とメンバーとの交流について言及した。それとともに「2PMメンバーたちに会いたい。愛するメンバーたちが早く集まって素敵な姿を見せることができたら」と付け加えた。

この日の転役式には2PMの末っ子チャンソンがテギョンの転役を祝うために現場を訪れて注目を集めた。テギョンはチャンソンと握手をしてあいさつを交わしてうれしさを表現した。

テギョンは今後、51K所属の俳優であり2PMメンバーとして活動を並行する予定だ。次期作はまだ決定していない状態。所属事務所は「オク・テギョンに代わって、これまで待ってくださったファンの方々と関心を持ってくださったすべての方々に深く感謝の言葉を伝える」と「転役後もグループ2PMのメンバーであり俳優として韓国とアジアを越えて全世界で活発な活動を続けていくことができよう、所属事務所も最善を尽くして一緒に努力する」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 / 写真=カン・ヨングク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-16 09:27:41