BTSのためNYのエンパイア・ステート・ビルが紫色に


米国ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルが防弾少年団(BTS)をきらびやかな光のショーで歓待した。

21日(以下現地時間)、エンパイア・ステート・ビルは防弾少年団の訪問を記念して夕暮れ時から紫色に染まった。

エンパイア・ステート・ビルはこの日、公式SNSを通じて「防弾少年団が今夜、iHeartRadioのライブに行く前にエンパイア・ステート・ビルを訪問した」とし「タワーは今日、夕暮れ時から一時間ごとに5分間、紫に染まる」と発表した。実際にエンパイア・ステート・ビルは防弾少年団の訪問を記念して上層のLED照明を紫色に変え、一時間ごとに5分ずつ送出した。

これと共に防弾少年団のエンパイア・ステート・ビル訪問の記念写真も公開した。

エンパイア・ステート・ビル側が防弾少年団の訪問を記念した光のショーを「紫」に選択した理由は防弾少年団とファンクラブARMYの象徴色が紫だからだ。

防弾少年団はこの日、米国最大のラジオ放送局であるiHeartRadioのライブ番組にHalseyと一緒に出演した。

1976年からニューヨークを照らしているエンパイア・ステート・ビルは80年間、米国ニューヨークのランドマークの役割を果たして来た。米国の有名ラジオ司会者エルビス・デュランは「ビルの色を誰でも決められるわけではない」と、その意味を伝えた。

防弾少年団は最近ワールドツアー中で、米国スタジアム公演を盛況裏に終えた。来る25日と26日にブラジル・サンパウロでツアーコンサートを開催する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-05-22 16:11:33